家庭菜園のタネの店
「F1」は出荷用。自分で食べる家庭菜園には「固定種」のほうが向いています。

野口種苗ロゴ 野口のタネ 野口種苗店 野口種苗研究所

野口種苗看板 火の鳥の看板
※当店の看板の『火の鳥』は、故手塚治虫先生と(株)手塚プロの許諾を頂いています。 

オンラインショップはこちら

野口 勲2014年度講演等出張日程
(上記以外の日は、原則年中無休の店or隣接する自宅にいます)

[最終更新日/2014/7/28]

「食用一口瓢箪」(中国産表示種子)のタネから
苦いヒョウタンが出たら食べないで!

7/22、お客様から「食用一口瓢箪が苦かった」という情報メールが届きました。

こちらで購入しました「苦味がなくて食べられます」食用一口瓢箪ですが、
大きくなりだして数日してからの長さ5センチくらいのものを収穫しました
2、3度炒めたり漬物にしてみたのですが、毎回苦くて、食べた日と翌日は
お腹が少し痛みます。
苦味があるのを食べると良くないと聞きますが、このまま収穫し続けて大丈夫
でしょうか?
よろしくお願いします

これは大変です。大丈夫なわけがありません。食中毒を起こしてしまいます。
他にも大勢タネを購入された方がいらっしゃるので、急遽調査することにしました。

Y.K.様
野口種苗です。
貴重な情報をありがとうございます。
4/10にお送りしたタネからできた瓢箪が、すべて苦かったのでしょうか?
もし一部だとしたら、苦い瓢箪が出た割合は、どれくらいでしょうか?
下記は以前当店で試作した際、木質化するまで放置してみた結果です。
写真左が「食用一口瓢箪」で、右が工芸用の「千成瓢箪」です。

ご覧のように「食用一口瓢箪」の蔓は細く、食用に適した小さいうちは指でちぎれます。
対して「千成瓢箪」の口につながる蔓は太く頑丈で、小さくてもハサミを使わないと
切り取れません。
「千成瓢箪」の苦味成分は毒なので、食べてはいけません。
食べるのは、指でちぎれる、細い蔓のものだけにしてください。
苦味が出た瓢箪の写真をお送り頂ければ、採種元に転送して検証させます。
当店が最初に仕入れた2008年の試作では、苦い物は一つも無かったので、
以後毎年安心して販売していたのですが、今年になってから「苦かった」
というご連絡が一件届いたので、「もしや」と危惧していたところでした。
以前は岐阜県産のタネだったのですが、最近中国産に変わったので、何か
不都合が起きなければよいが・・と、思っていたところでもありました。
もしかして中国の採種現場で、工芸用の瓢箪と交雑したのかもしれません。
採種元である愛知県のA農園に問い合わせるつもりですが、直接取引関係がなく、
間に東京のN農林社が介在しているため、同社営業部の当店担当者を通じて
問い合わせをしなくてはなりません。
そういうわけで、原因究明には多少お時間をいただきたいと思います。
A農園から返事が届き次第、またご連絡差し上げます。

N農林社から、A農園の担当者A氏からのコメントが伝えられました。
「中国の採種現場に行ってチェックしているので、交雑の心配はない。
苦味が出るのは、寒さや乾燥などのストレスによるもので(固定種の
胡瓜が苦くなる原因なのは承知しているが、瓢箪の苦味はそれ以上)
苦いか苦くないかは、形からは判断できない。(交雑の結果だったら
判断基準になるのではないだろうか?)遺伝子解析はしていないが、
昔から伝わる苦味のない在来種を維持している。当社も今年のタネで
試作しているので、食味試験の結果を追って報告する」とのことです。
また聞きなので一部判然としませんが「瓢箪を食べて中毒を起こした」
と話題になっている最中です。安全性に問題があるタネは売れません。
一時販売を中止して、当店でも数年ぶりに試験栽培を開始しました。
栽培中のお客様にお願いします。苦い瓢箪が出たら食べないで下さい。
[2014.7.23]

丁寧な回答ありがとうございます
撮影した画像をお送りしますね
冷蔵してあった瓢箪3個と、先日撮影していた3度目に調理した瓢箪です

(浅漬けになってますが・・輪切りのものが瓢箪です)
最初に食べたのは長さ9センチくらいのもので、2度目に食べたのは大きくならなかった小指の先ほどのもので、3度目に食べたのは長さ7センチくらいのものです。
(浅漬けの写真です)

蔓が指でちぎれるかどうかはわかりません。いずれもハサミで切り取りました。苦味を感じているのは9センチのものと7センチのものです。写真に写っているのは、それ以降採れた瓢箪になります。苦いので冷蔵したままになっていました。おそらくこちらも苦いと思います。必要でしたら郵送しますので、また原因がわかればご連絡ください。

Y.K.様
野口種苗です。
瓢箪の写真お送り下さりありがとうございます。
しかし、写真からは蔓の判断はできないですね。やはり指でちぎってみるのが一番のようです。
ただ、指でちぎれるかちぎれないかでわかるのは、千成瓢箪などの工芸用瓢箪との違いだけで、両者が交雑した場合は、どちらがどんな割合で発現するかわからないので、ちぎれるかどうかで苦いか苦くないか判断できない可能性があります。
東京農大の湯浅浩史先生のお話では「苦いのは優性」だそうですから、苦い瓢箪と苦くない瓢箪が交雑した場合、雑種の一代目(F1)は、メンデルの法則で、すべて苦くなります。いったん苦い遺伝子が入ると、苦くない劣性遺伝子だけに戻すのは、大変困難です。
N農林社を通じて問い合わせたところ、A農園からは「現地でチェックしているので交雑は心配ない」という返事でした。だとすると天候のせいとなってしまいますが、天候の加減で中毒を引き起こすような危険な毒素を出すタネだとしたら、とても安心して販売できません。
試作、試食して、苦くないことを確かめた上で販売し、昨年まで5年間まったくクレームの無かったタネですから、現在困惑しております。(一応昨日をもって販売中止にしました)
当店に残っているタネをできるだけたくさん播いて、どのくらいの割合で苦い物が発現するか、再度試作を開始しましたが、実が成るのは当分先になるので、とりあえずお手持ちの瓢箪を、送料着払いでお送りください。原因究明はできませんが、味の確認だけはしておきたいと思います。
なお、最初のメールを拝見して「お客様が中毒を起こしたら大変」と思いましたので、現在当店のHPに経過を掲載して「苦かったら食べないよう」注意を喚起しております。メールにご住所とお名前が記入されてなかったため、Y.K.様以外の方からいただいたメールの可能性も否定できないので、ご了解が後先になりましたが、今回のメールでY.K.様と確認できましたので、今後の経過も含めメール内容を当店のHPに掲載することをお許しくださいますようお願い申し上げます。
なおなお、蛇足ですが、写真に写っている7cmの瓢箪は、「食用一口瓢箪」としては大きくし過ぎと思います。硬くなりはじめて、食べにくいのではないでしょうか。今年有馬温泉の千成屋から届いた「瓢箪漬」の写真を添付します。酒粕漬の樽の中でも一番大きいものですが、それでも5cm程度で、これでも入歯の私には一口サイズと言いがたい大きさです。大きくしたから苦味が出たということはありえませんが、3〜4cmと小さいうちに収穫したほうがおいしく食べやすいので、(あくまで苦くない場合ですが)もっと若いうちの収穫をお勧めいたします。

ご連絡いただきありがとうございます。
今日写真のひょうたん3個と新しく採れた小さめのひょうたん4個をそれぞれ袋に入れて野口種苗様宛に郵送しましたので近々受け取っていただけると思います。
食味の方宜しくお願い致します。
HPの方拝見しました。A農園さんのご意見の〈苦味が出るのは、寒さや乾燥などのストレスによるもので)についてですが、ストレスによって苦味が出るのはどうしてでしょうか? またストレスというのは暑さではなく寒さと乾燥のみでしょうか?
あと、最初にお送りしていただいた写真の木質化した食用一口ひょうたんの大きさはどのくらいなのでしょうか?(私 の育て方では、木質化までたどり着けるかどうか・・ですが。)しばらくは食べないように気をつけますので、ご安心ください。

Y.K.様
野口種苗です。
瓢箪届きました。
今日、日曜日はスタッフが揃っていないので、明日、ロシアンルーレット方式で、食味を確認します。お手数おかけしました。
「寒さや乾燥などのストレスで苦味が出る」というのは、天候の激変で「このままじゃ死んじゃうよ」という時に、内部のタネを鳥や虫などの食害から守るため、苦味を出して、子孫が食べられないようにするためではないかと考えられます。
瓢箪の原産地はアフリカ、胡瓜の原産地はインドと、どちらも熱帯地方なので、暑さはストレスにはなりません。
写真の木質化した「食用一口瓢箪」も「千成瓢箪」も、どちらも高さは11cmです。

大阪のY.K.さんから届いた三口、合計7個の「食用(?)一口瓢箪」の写真です。

明日(7/28)、スタッフと4人で、ロシアンルーレットに挑戦します。
僕だけでも、苦くない本物の「食用一口瓢箪」に当りますように。
[2014.7.27]
うちの女房を含め5人でかじってみた結果、すべて苦い瓢箪でした。
(瓢箪に添付のお手紙に「2つのプランターに1株ずつ植え付けた」
と書いてあったので、わずか2株から結実した実だったら、みな同じ
苦い瓢箪だろうと推測はしていましたが・・)残りのタネが苦くない
かどうかわかりませんが、Y.K.さんにとっては、栽培した「食用一口
瓢箪」の100%が、苦くて食べられなかったわけです。ベランダ栽培の
乾燥しやすいプランターでは、水やりはまめにしているでしょうから、
乾燥によるストレスで苦くなったというのは当てはまらないでしょう。
するとやはり中国の採種現場で、工芸用の苦い瓢箪と交雑したのだろう
と思わざるを得ません。工芸用瓢箪(夕顔)の蜜を吸った蛾か、何か
夜行性の昆虫が、「食用一口瓢箪」の夕顔に花粉を移したのでしょう。
問題は、採種したタネの交雑率がどれくらいなのか?ということです。
「食用一口瓢箪」同士の花粉は、メンデルの法則ではともに劣性ホモで
苦い優性の遺伝子は隠れていませんから、結実した実は絶対苦くなりま
せん。虫媒により外部の花粉を付けたものの方が少数のはずですから、
大部分のタネは、苦くない「食用一口瓢箪」だと思います。(たまたま
Y.K.さんが栽培した2株とも当たりだったのでしょう)ただコトは人の
健康問題です。たまたま交雑してしまったタネの瓢箪は、100%が苦く
なり、中毒を引き起こしかねません。もし児童が食べたら大問題です。
タネを外見で見分ける方法が無い場合、すべて廃棄せざるを得ません。
残ったタネを播いて、苦く無いものだけ選抜して隔離栽培し、再び固定
させるまで「食用一口瓢箪」は、種苗業界から消えてしまうでしょう。
[2014.7.28]


7/9〜13の5日間、兵庫/姫路から岡山/備中へ講演に行ってきました。
(大河ドラマ「軍師官兵衛」と秀吉の中国大返しの逆ルートですねw)
姫路は企業の特約店会約50名、備中は自然栽培研究会主催で約100名。
スーツ姿対半袖シャツと服装は対照的でしたが、どちらの参加者とも、
3〜4時間の長時間、誰一人頭が動かず熱心に聞き入って下さいました。
姫路の懇親会で、主催社の板波専務におもしろい話をお聞きしました。
「ジベレリンで種無しにしたブドウにクロレラを葉面散布すると、種が
復活するんですよ」と。細胞内のミトコンドリアの力か、葉緑体の力か
分らないけれど、凄い生命力ですね。岡山で話したら驚いていました。
[2014.7.14]

【臨時休業のお知らせ】
7/9(水)〜7/13(日)の5日間、臨時休業とさせていただきます。

6/23付のCNNニュースによると「オバマ大統領がミツバチの減少を食い止めるため、
米関係省庁で組織する作業部会を設置し、原因究明に乗り出す」と発表したそうです。
「米環境保護局と農務省の主導で原因を調べ、来年度(2014/10/1〜9/30)予算から
約5000万ドル(50億円)を割り当てる」そうですから、アメリカが国を挙げて、CCD
(蜂群崩壊症候群)の原因究明に乗り出すというわけです。「だったら、雄性不稔にも
目を向けて欲しいな」と思ったのですが、ふと「なぜ、今、この時期に?」と疑問が
湧きました。だってCCD大事件が起きたのは、2006年と2007年の2年間ですから。
「もしかしたら、先月、安倍総理夫人の昭惠さんと対談したときに差し上げた著書の
『タネが危ない』が、回り回って米大統領の目にも止まったのではないかしら」と
不遜な思いが頭をかすめましたが、ま・さ・か・ね。とまれ調査結果が待たれます。
[2014.6.26]

固定種に限りますが、ヨーロッパの有機認証種子を販売することにしました。
発芽試験終了次第、オンラインショップに「EU有機認証種子」を追加します。
[2014.6.13]


安倍昭惠さんと野口勲の対談が掲載された『致知』7月号が届きました。
致知出版社発行の人間学を学ぶ月刊誌。対談は8Pでまとめられています。
書店販売していない雑誌なので、オンラインショップで販売いたします。
[2014.6.3]


5/30、NHKTV「ひるまえほっと」取材班のビデオ撮影がありました。
(峠の畑や、店と小かぶ原種の刈取り、自宅の手塚漫画の取材etc.)
首都圏限定ですが、放送予定は6/6(金)のお昼前、11:30前後とか。
「固定種野菜に注目!人気の理由を追え」というコーナーのようです。

例年6月刈取りですが、ハウス内のため今年は5月中に刈取りました。
販売用には使わず、岩手に送り来年販売するタネの原種になります。
写真右は3月から働いている腰越賢司君。スタッフ4人になりました。

公益財団法人後藤(新平)・安田(善次郎)記念東京都市研究所発行
『都市問題』6月号(なんと創刊105年目の第6号)が届きました。
野口勲インタビューが14P載ってます。(B5判128P714円+税)
50册発注。届き次第当店のオンラインショップで販売します。
[2014.5.31]


nico会長/関野幸生さんの無肥料栽培野菜苗が入荷しました。
(真黒茄子100本、アロイトマトは27本限定。一本各200円)
店頭でのみ販売いたします。通販には対応いたしません。
[2014.5.7]


1947年5月3日に現行日本国憲法が施行されて67年目を迎えました。
世界各地の戦争を知るつど、この憲法の理念を、人類共通の理念と
できないものか?と思ってきましたが、「憲法9条にノーベル賞を」
という運動を知り「これだ!」と、すぐ賛同署名に参加しました。
このHPをご覧のあなたにも、署名協力を呼び掛けたいと思います。
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会のキャンペーンページ
近く安倍昭惠さんとお会いする予定なので、ポルトガルでご夫妻が
日本の憲法記念日をどう過ごされたのか、お聞きしてみたいです。
[2014.5.3]

固定種の野菜作りをベランダでなさりたい方に、すばらしい本が出版されました。
屋上菜園のカリスマ・安藤康夫さんの「プランターで有機栽培」1と2の2册です。
(農文協/刊 B5判オールカラー 1は80P/1400円+税 2は96P/1500円+税)
氏の「コンテナでできる本格野菜づくり」(学研)絶版後、待ちに待った新刊です。
玉にキズは、ウチの住所が昔のママ(笑)。おかげで見本の到着が一週間以上遅れた。
農文協に発注したので、発送先を間違えなければ4月から当店でも販売いたします。
[2014.3.28]


いつも当店のオンラインショップをご利用いただきありがとうございます。
例年のことで恐縮ですが、春の到来とともにご注文件数が発送能力を上回り、
3/27現在、ご注文日から10日遅れでの発送という事態になっております。
3月よりスタッフを1名増員し、土日も休まず毎日発送作業を行っています
ので、恐れ入りますが到着までお待ち下さいますようお願い申し上げます。

また最近「注文確認メールが届かない」というお問合せが増加しています。
サーバー管理者に調査してもらいましたが「スクリプトに問題はないので、
お客様のメールサーバーのセキュリティ強化で生じた問題だろう」という
ことでした。「自動返信メールが、迷惑メールフィルターでブロックされ、
迷惑メールと判断された。ブロックされたメールの処理方法も、使用する
フィルタリング機能の種類によって異なり、『迷惑メールフォルダ』に
残っている場合もあれば、自動削除されていて受信の痕跡が全く残らない
場合もある」ということで、「現状では手の打ちようがない」ようです。
本当はシステムそのものを見直す必要があるのでしょうが、いまのところ
当店には、それを可能にするスキルがございません。ご迷惑をおかけして
誠に申し訳ございませんが、これまでの所「注文確認メールが届かない」
とご連絡いただいたお客様のご注文は、すべて確認できておりますので、
遅れてはおりますが、間違いなく発送しております。確認メールが届かず
不安なお客様も、どうか安心してお待ち下さいますようお願いいたします。

なお発送が遅れている間、商品価格は(5~8%)税込みで据え置きとします。
夕刊フジ連載「初めての市民農園」最終回(3/25号)で、固定種が紹介されました。


2/8に予定されていた飯能市吾野の講演会は「大雪予報」により中止となりました。
[2014.2.7]

上野駅構内「のもの」での野口のタネ/固定種販売は、1月末で終了いたしました。

ジュンク堂書店池袋本店7階での固定種販売は、2/5より春のタネが始まりました。

岐阜県高山市ポテンシャル農業研究所のアロイトマトのタネが入荷いたしました。
しかし、何回も発芽試験をしたのですが、結果が思わしくありません。(写真参照)
原因は不明ですが、タネ屋として販売商品とするには値しない、低いレベルです。
ただ、入荷をお待ち下さっている多くのお客様の中には、「数粒でも生えれば良い
ので、どうしても欲しい」と言う方もいらっしゃるので、発芽不良を了承された方
に限り「発芽率30%以上」という表示で、オンラインショップで販売いたします。
従って、購入された方からの、発芽不良に対するクレームは、お受けいたしません。
[2014.1.31]
上記「発芽不良のアロイトマト種子」完売いたしました。ありがとうございました。
[2014.2.6]


新年明けましておめでとうございます。
2014(平成26)年は、1/6より営業いたします。
本年もよろしくお願いいたします。

元旦の読売新聞埼玉版に、飯能のアトム像と僕が、大きく掲載されました。



野口 勲2014年度講演予定(青字は他の出張予定も含む)
※下記日程以外は、正月休み以外原則年中無休の店、または隣の自宅におります。
営業時間:a.m.10:00〜p.m.7:00

日時
会場
主催
1/8(水)18:00〜 さいたま市西区高木133-12/ほどほど屋エイト nico新年会
1/17(金)10:00〜12:00 飯能市笠縫/飯能市土地区画整理事務所 飯能市双柳南部土地区画整理審議会
1/19(日)13:15〜 国分寺労政会館 三多摩たべもの研究会
1/22(水)13:30〜16:00 埼玉県立いずみ高等学校 同高生物生産科3年生5,6限目授業
1/25(土)16:00〜19:00 渋谷/デイライトキッチン デイライトキッチン
2/4(火)9:30〜12:00 練馬区/石神井公園区民交流センター2F 練馬区経済課(消費生活センター)
2/8(土)13:30〜17:00大雪予報のため中止 飯能市吾野地区行政センター 飯能市農林課
2/9(日)9:00〜12:00 小田原市酒匂二丁目32-16/生きがいふれあいセンターいそしぎ第一講習室 小田原有機の里づくり協議会(連絡先:小田原市農政課/0465-33-1495)
2/19(水)16:00〜 東京大学周辺 内海聡医師と打合せ
2/23(日)15:30〜 渋谷区神宮前/表参道ANNEX 株式会社 蒼玄
2/25(火)14:00〜17:00(予定) 岡山市撫川1592-1 RSKバラ園内cafe&restaurant GREEN ROOM OKAYAMA nature、株式会社 大町
3/2(日)12:00〜17:00 名古屋市立大学滝子キャンパス経済学部棟201教室 Tokyo DDClinic 内海 聡医師とのジョイント講演
3/3(月)14:30〜18:30 長崎県南島原市ありえコレジョホール 南島原市有機農業推進協議会
3/15(土)午後 國學院大学渋谷キャンパス1号館1105室 日本有機農業研究会青年部主催公開セミナー
3/16(日)9:30〜16:00 石川県七尾市/七尾サンライフプラザ 金沢大学里山里海マイスタープロジェクト
3/17(月)午後 富山県氷見市(会場未定) 氷見市有機の里づくり協議会
3/29(土)11:00〜 港区南麻布/ロザンジュイア 甥・岡田紳吾結婚式
4/13(日)12:00〜17:00 東京大学農学部弥生講堂(一条ホール) Tokyo DDClinic 内海 聡医師とのジョイント講演
4/14(月)午後 台東区台東/偕楽ビル 内海 聡医師、岡本よりたか氏と書籍企画のため鼎談
4/15(火)13:00〜16:001 茨城県板東市弓田/農家レストランどんぐりてい 農家レストランどんぐりてい
4/19(土)13:00〜17:00 岡山県津山市/久米公民館 岡山つやま自然栽培普及企業組合/ほうゆう研究会(限定100名)
4/26(土)13:00〜 渋谷区民センター大和田10F(文化ファッション・インキュベーションSpace1~3) 財団法人 today is the day
5/13(火)10:00〜 東京都渋谷区神宮前/致知出版社 『致知』7月号用対談(安倍昭惠さんと)
5/17(土)13:00〜16:00 山梨県大月市富浜町鳥沢8438/桂川ウェルネスパーク 桂川ウェルネスパーク
5/29(木)13:30〜 飯能市笠縫/飯能市土地区画整理事務所 飯能市双柳南部土地区画整理審議会
6/7(土)13:00〜 千代田区大手町1-9-7大手町フィナンシャルシティB1/Farm kitchen 然 無肥料自然栽培農業体験スクールソラシド
6/21(土)13:00〜17:00 東京都江戸川区/船堀タワーホール307会議室 江戸川区生ゴミ堆肥化実践クラブ
6/29(日)14:00〜 埼玉県日高市生涯学習センター 日高初雁会(埼玉県立川越高校同窓会)
7/9(水)16:00〜19:00 兵庫県姫路市/ホテル日航姫路 クロレラ工業株式会社/クロレラミン特約店会(一般参加不可)
7/12(土)13:00〜17:00 岡山県総社市/サンロード吉備路 岡山くらしき自然栽培普及企業組合/ほうゆう研究会(限定180名)
7/15(火)17:30〜 池袋周辺 友人たちと飲み会
7/26(土)13:00〜17:00 新宿区新宿2丁目ビッグスビル地下2F 山崎農業研究所創立40周年記念総会
7/30(水)9:00〜12:30 飯能市立吾野小学校/多目的室 飯能市教育研究会/家庭科主任会
8/1(金)9:00〜12:00 飯能市市民会館会議室(予定) JICA(国際協力機構)/中米カリブ海地域の農業研修生対象
8/23(土)13:00〜17:00 東京都内(会場未定) NPO法人国際チャリティ協会アムリタハート
9/7(日)10:00〜(雨天翌週) 飯能市長沢/野口種苗採種圃場 原種用みやま小かぶ播種
9/9(火)18:30〜21:30 渋谷区渋谷1-1-11/SIビル 東京原理原則研究会
9/13(土)時間未定 都内(会場未定) A SEED FOR The NEXT
9/15(月・祝)14:00〜 埼玉県富士見市民文化会館キラリふじみ キラリふじみのアトリエ(定員30名)
11/1(土)13:00〜16:00 新宿区消費者センター分館(西武新宿線高田馬場戸山口下車徒歩2分) あいのう消費者の会・すずな会(担当/増川様04-2963-6802)
11/22(土)時間未定 会場未定 無肥料自然栽培農業体験スクールソラシド
11/30(日)10:00〜(雨天翌週) 飯能市長沢/野口種苗採種圃場 原種用みやま小かぶ母本選抜
12/13(土)時間未定 富士見市民文化会館キラリ富士見 映画「降りてゆく生き方」上映後パネルディスカッション
※講演のご依頼は、お話だけで2(できれば3)時間以上頂けない場合、お断りさせて頂いております。
本来難しい話をご理解頂くため、この時間条件だけはご了承下さいますようお願いいたします。


昨年2013年度分のトップページは、すべてこちらに移動しました。