伝統野菜や固定種の種の通販|野口のタネ・野口種苗研究所

TOPかごの中身を見る送料・お支払い運営者情報お問い合わせ

野口種苗研究所による伝統野菜や固定種の種の通販サイトです。
詳しい“種”のお話はこちらからどうぞ。

野口のタネ オンラインショップ HOME → ホウレンソウ → あかね法連草

赤い根っこが美しい

あかね法連草 あかねほうれんそう・Akane(Red Rooted)Spinach ・ Spinacia oleracea

80年前に誕生。同じ頃「日本」×「ミンスター」で「豊葉」が、「日本」×「ホーランディア」で「治郎丸」がそれぞれ誕生している。

一袋 308円(税込)
内容量:70ml,約1,700粒
品切中
特徴
本種は山形市風間の柴田氏親子二代に渡り受け継がれた日本法蓮草で、特に根、根元の赤味が強く、甘みのある事から赤根法蓮草と呼ばれています。耐寒耐雪性が強く、とう立ち後も軟らかく、食べられます。べと病に対しては弱いので秋彼岸以降に播種してください。春蒔きは抽苔しますので不可。寒さに当たると葉も赤みを帯びることがあります。
用途
バター炒めも良いが、寒さの中で糖分を蓄積した冬のおひたしが最も美味しい。山形では雪中に保存し、雪を掘って出荷したという。
蒔きどき9月中旬〜10月中旬
種子加工なし
種子消毒なし
主産地山形県 採種地岩手県
収穫期晩秋から初冬。正月前後。春まき栽培はできない。
播種期9月中旬〜10月中。(高温期の播種は不適)
発芽適温15℃〜20℃ 生育適温0℃〜20℃
栽培法昔の法蓮草は秋まき冬穫り専門。耐寒性は非常に強いが、高温多雨期だと発芽後の降雨後にベト病に冒されやすい。東洋種の特徴として、立春後、日が長くなるのを感じて花芽ができ、気温が上がるとトウ立ちする。
播種法一夜浸水し、濡らした布で包み2昼夜放置して、1割位芽を出させてから蒔く。75cmのうねに15cm巾にすじ蒔きし、本葉2〜3枚の頃と5〜6枚の頃に間引きを行う。株間は15cm位にします。
覆土1割程催芽させ、乾燥しない程度に覆土・散水すると良い。
採種法法蓮草は雌雄異株の風媒花。初夏、雌株が枯れ始めたら地際から刈り取って数日天日に干し、枝葉を落としてから棒で叩いて脱粒し、風選してゴミを除きよく乾燥する。
発芽検定月2018/5 発芽率75%以上確認
種子寿命カラ(針)付きのままなら寿命は長い。(約3年)
休眠種皮に発芽抑制物質がある。採種後2〜3か月間休眠する。
種子保存法よく乾燥し、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

野口種苗研究所/野口のタネ
〒357-0067 埼玉県飯能市小瀬戸192-1
Tel. 042-972-2478 Fax. 042-972-7701
野口勲(ホームページ担当者) tanet@noguchiseed.com

郵便振替口座:00190-6-648557 野口種苗研究所
他行からお振込みの場合:
ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店・当座 0648557 野口種苗研究所

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
野口種苗ホームページ
タネ屋三代

代金は後払いです。
商品に郵便振替用紙を同封致しますので、一週間以内に郵便局よりお支払い下さい。
尚、合計金額が1万円を超える場合は、代金引換にてお送りさせていただく場合があります。

別途送料がかかります。
原則として第4種郵便(70円〜)またはゆうパック(600円〜)でお送りします。

播種期について
播種期は東京近郊標準で記載しております。御地の気候に合わせて加減してください。

※掲載の無い品種や、より量の多いご注文など、ご不明な点はお問い合わせください。

© 2018 野口のタネ/野口種苗研究所

無肥料自然栽培から自立と和を紡ぐ nico