伝統野菜や固定種の種の通販|野口のタネ・野口種苗研究所

TOPかごの中身を見る送料・お支払い運営者情報お問い合わせ

野口種苗研究所による伝統野菜や固定種の種の通販サイトです。
詳しい“種”のお話はこちらからどうぞ。

野口のタネ オンラインショップ HOME → カボチャ → 鹿ケ谷南瓜

日本カボチャ。晩生ヒョウタン型。煮物

鹿ケ谷南瓜 ししがたにかぼちゃ Shishigatani Squash ・ Cucurbita moschata duchecne

文化年間(1804-1818)に津軽から導入され、京都鹿ヶ谷で栽培された菊座型の日本南瓜が、数年で変化したという。

一袋 308円(税込)
内容量:5ml,約18粒

特徴
瓢箪型で果重2キロ以上と大型の日本南瓜。表面に十七条ほどの縦溝と瘤状の隆起がある。幼果は濃緑色だが完熟すると橙褐色となり白粉をふく。果肉は柿色で食味良い。(というが日本南瓜は粘質でホクホク感はありません)
用途
京では昔「土用に鹿ヶ谷南瓜を食べると中風にならぬ」と言われたという。粘質で淡白な味は日本料理向き。里芋、蛸と共にだし汁で炊き合わた「芋たこなんきん」はNHK朝のテレビでおなじみの関西女性が好む代表料理。
蒔きどき4、5月
種子加工なし
種子消毒なし
主産地京都府 採種地中国
収穫期温床育苗し八十八夜頃定植したものは7〜8月。
播種期温床まきで3月上旬。直まきの場合は4月下旬以後。
発芽適温22,3℃ 生育適温20~30℃
栽培法畝巾2m、株間60cmの高畝とする。子づる4本仕立てとし、15節ぐらいに3、4果着果させると形よい瓢箪型となる。低節位または孫づるの先に着果させると小果になる。高節位(3、4番果)着果ではくびれが悪く瘤がほとんど出ない。日本南瓜は日本の高温多湿に適応ているので、栽培は容易である。
播種法昔は湿らせた種を三日間腹に巻きつけて催芽したという。
覆土嫌光性種子なので1cm以上覆土し地温と水分を保持する。
採種法完熟果を葉が枯れてから収穫し、1月以上追熟して二つ割りにし、スプーンで種を取り出す。水洗いし(充実した種は水に浮く)日に干して乾燥させ、一週間程度陰干しする。
発芽検定月2018/11 発芽率85%以上確認
種子寿命常温で3,4年。(保存環境がよければ10年)
休眠南瓜の中には休眠する系統もあるが、本種は休眠しない。
種子保存法充分乾燥し、お茶の缶に入れ、低温低湿度で保存する。

野口種苗研究所/野口のタネ
〒357-0067 埼玉県飯能市小瀬戸192-1
Tel. 042-972-2478 Fax. 042-972-7701
野口勲(ホームページ担当者) tanet@noguchiseed.com

郵便振替口座:00190-6-648557 野口種苗研究所
他行からお振込みの場合:
ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店・当座 0648557 野口種苗研究所

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
野口種苗ホームページ
タネ屋三代

代金は後払いです。
商品に郵便振替用紙を同封致しますので、一週間以内に郵便局よりお支払い下さい。
尚、合計金額が1万円を超える場合は、代金引換にてお送りさせていただく場合があります。

別途送料がかかります。
原則として第4種郵便(70円〜)またはゆうパック(600円〜)でお送りします。

播種期について
播種期は東京近郊標準で記載しております。御地の気候に合わせて加減してください。

※掲載の無い品種や、より量の多いご注文など、ご不明な点はお問い合わせください。

© 2018 野口のタネ/野口種苗研究所

無肥料自然栽培から自立と和を紡ぐ nico