伝統野菜や固定種の種の通販|野口のタネ・野口種苗研究所

TOPかごの中身を見る送料・お支払い運営者情報お問い合わせ

野口種苗研究所による伝統野菜や固定種の種の通販サイトです。
詳しい“種”のお話はこちらからどうぞ。

野口のタネ オンラインショップ HOME → ハクサイ/ナッパ → 鳴沢菜

成長早く葉数多く蕪も甘い

鳴沢菜 なるさわな/Narusawana ・ Brassica rapa L.var.hakabura Kitam.

富士山北西山麓鳴沢村で江戸時代以前から栽培されてきたという。伝統野菜が少ない山梨県では貴重な固有種である。

一袋 308円(税込)
内容量:8ml,約2000粒

特徴
山梨県鳴沢地方の漬菜。別名「ぐんないかぶ」とも呼ばれる。他の蕪菜に比べて葉が大きくて葉数が多い。光沢ある濃緑色でノコギリ状の葉はみずみずしく美味しい。根の肥大も早く方領大根に似た円錐形で根長一六、七・。抽苔が遅いので長期収穫が可能。
用途
野沢菜より上等という浅漬や醤油漬などの漬物利用が一般的だが、標高九〇〇mの高地で冬場の気温が低く冬期の野菜が不足する鳴沢村では、葉や蕪を干して貯蔵し(根は切り干し)、おじやや味噌汁の実として利用していた。
蒔きどき9月上中旬
種子加工なし
種子消毒なし
主産地山梨県 採種地長野県
収穫期通常播種後80日で草丈70〜80p位が収穫適期とされる。
播種期高冷地では8月中下旬。暖地では9月上中旬。
発芽適温15~20℃ 生育適温10~25℃
栽培法漬物用として利用する場合は、早まきしすぎると下葉が枯れて葉がこわくなるので、遅まきが良い。大根に似た甘味ある根を利用する場合は、早まきして根の肥大を図る。本葉1枚の時と2枚の時に間引き、栽植密度を1平米当り80〜100株とする。最大に成長すると、葉数100枚以上、草丈1m以上になるという。
播種法畝幅60p、株間15p間隔に点播
覆土一般の菜類と同じく発芽まで種が隠れ水分を保持できる程度。
採種法菜の花を咲かせ、莢に実がいったら刈り取り、莢から種子を外し乾燥する。自家不和合性なので同品種を複数株用意することと、他の和種アブラナ科(Brassica rapa )との交雑に注意。
発芽検定月2018/6 発芽率85%以上確認
種子寿命一般菜類に準じ常温で2〜3年(やや長命の部類)
休眠種子が完熟し充分乾燥した後は、休眠期は無い。
種子保存法よく乾燥し、冷蔵庫など低温低湿度の場所で夏越しする。

野口種苗研究所/野口のタネ
〒357-0067 埼玉県飯能市小瀬戸192-1
Tel. 042-972-2478 Fax. 042-972-7701
野口勲(ホームページ担当者) tanet@noguchiseed.com

郵便振替口座:00190-6-648557 野口種苗研究所
他行からお振込みの場合:
ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店・当座 0648557 野口種苗研究所

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
野口種苗ホームページ
タネ屋三代

代金は後払いです。
商品に郵便振替用紙を同封致しますので、一週間以内に郵便局よりお支払い下さい。
尚、合計金額が1万円を超える場合は、代金引換にてお送りさせていただく場合があります。

別途送料がかかります。
原則として第4種郵便(70円〜)またはゆうパック(600円〜)でお送りします。

播種期について
播種期は東京近郊標準で記載しております。御地の気候に合わせて加減してください。

※掲載の無い品種や、より量の多いご注文など、ご不明な点はお問い合わせください。

© 2018 野口のタネ/野口種苗研究所

無肥料自然栽培から自立と和を紡ぐ nico