0
¥0

現在カート内に商品はございません。

つくりやすい三季まきキャベツ 中生成功甘藍

なかてせいこうかんらん

Seiko Cabbage / アブラナ科 Brassica oleracea

国内採種品

輸入キャベツの代表品種中生の「サクセッション」をもとに、高温多湿の日本で栽培しやすいよう宮城の渡辺頴二が改良育成。1932年発表。

通常価格:
¥314税込
特徴

葉色濃く、耐寒性、耐暑性に優れた三季蒔きの中生キャベツ。春~夏まきの場合、結球性は安定しているが、秋まきでは大きい苗を作ってしまうと越冬後抽苔する危険性があるので、本葉6枚以下の小苗で越冬するよう注意。

用途

硬く巻き、どっしりした平型の味の良いキャベツ。春の早生キャベツほど柔らかくはないが、生食から炒めもの、漬物等キャベツ料理なんにでも向く。

蒔きどき

3月下旬~7月中, 10月中

採種地

岐阜県

発芽検定月

2020年10月

発芽率

80%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

春まきで8月。初夏まきで10月。夏まきで11月。秋まきで6月。

播種期

春~夏(3月下旬~7月中)。秋は10月中。

発芽適温

15℃~30℃、最低温度4〜8℃、上限は35℃

播種法

箱蒔きまたは冷床蒔き、ポットまき。年内葉数6枚以内で定植。

覆土

タネが隠れる程度。(通常タネの厚みの2,3倍)

生育適温

15℃~20℃、最低温度5℃、上限は28℃

栽培法

秋10月まきの場合、初冬に本葉5~6枚で、畝間60センチ、株間40センチくらいに定植。苗が小さい場合は、春先に定植してもよい。春まきの場合、あまり早く蒔き過ぎると抽苔のおそれがあるので、4月になってからが安全。夏の防虫、冬の防寒には、寒冷紗やサンサンネット等をかけると効果的。

採種法

年内に大株になっていないと開花しない。キャベツとして収穫する本来の播種期の前にまき、結球させず抽苔させ、開花させる。ブロッコリーやカリフラワーと交雑するので注意する。

種子寿命

常温で1~2年。(やや短命な部類)

休眠

キャベツの種は、採取後、高温時に短期間休眠することがある。

種子保存法

乾燥し、お茶の缶などに入れ密封し冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む