0
¥0

現在カート内に商品はございません。

赤肉で黒皮のこだま西瓜 黒小玉西瓜

くろこだますいか

Kurokodama Watermelon / ウリ科 Citrullus lanatus

国内採種品

長野県松本市の財団法人自然農法国際研究開発センター育成品種。

通常価格:
¥500税込
特徴

果皮が黒緑色、果実は二、五~三㎏の小玉西瓜。果皮がしっかりしていて裂果に強い。果肉は鮮紅色でシャリ感があり糖度は十一度前後。着果性が良く作りやすい。

用途

生食。タネを煎って食べることもできるが、それより美味しかった西瓜は、種を採って翌年まきましょう。親と同じ美味しい西瓜ができるのが、固定種の利点。

蒔きどき

3月(温床)、5月(露地)

採種地

長野県

発芽検定月

2020年11月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

盛夏。着果(受粉)後、晴天40日前後で完熟する。

播種期

直播きは4月下旬から。育苗の場合は3、4月まき。

発芽適温

25℃〜30℃

播種法

畝幅180cm×株間120cmに一ケ所3粒ずつ点播。

覆土

1~2cm。嫌光性種子なので確実に覆土する。

生育適温

25〜35℃

栽培法

アフリカ砂漠原産なので高温乾燥を好む。着果後は毛ぶるい期まで果に雨よけすると落果が防げる。連作は病気が出るので6年以上作付けをあけるか干瓢(夕顔)に接木する。成熟日数は7,8月収穫で37~42日。

採種法

完熟果を一週間追熟させ網の上で水洗いし天日乾燥する。 (普通は完熟した物を食べてタネを吐き出し、水洗いした後天日乾燥します)

種子寿命

長命種子の代表である。(5年以上)

休眠

西瓜種子は採種後しばらく休眠を表すことがある。

種子保存法

よく乾燥しお茶の缶に乾燥剤と共に入れ冷蔵庫に。

カートに追加しました。
カートへ進む