家庭菜園のタネの店
「F1」は出荷用。自分で食べる家庭菜園には「固定種」のほうが向いています。

野口種苗ロゴ 野口のタネ 野口種苗研究所

※当店の看板の『火の鳥』は、故手塚治虫先生と(株)手塚プロの許諾を頂いています。 

野口種苗看板 火の鳥の看板

オンラインショップはこちら

実店舗の営業時間は、午前10時より午後7時までです)

[最終更新日/2021/1/26]

自家採種の神w岩崎政利さんの野菜を網羅した写真集が再版された。
新潮社/とんぼの本『あの懐かしい味の野菜を自分でつくる』です。
14年前出版された『つくる、たべる、昔野菜』のリニューアルで、
書名は変わったが本の形が少し大きくなり、写真が全てカラーに
なった程度の変化。内容は昔のままなので、前書を持っていれば
改めて持つ必要はない。まだ持っていない人には、お勧めします。
予約した冊数が届き次第、当店オンラインショップで販売します。


昨年暮の12/24、安野光雅さんがお亡くなりになられたそうです。
まだ無名の頃、父の本二冊に装幀とカットを描いて下さいました。
父と東都書房(講談社)の編集者と共に車にお乗せして、飯能の山を
ご案内したことがあり、それがご縁となってか東吾野の久ノ本に
別宅を持たれたこともありました。心よりご冥福をお祈りします。

『愛の詩集』昭和44(1969)年2月刊 『花詩集』昭和41(1966)年5月刊


[2021.1.18]


新型コロナウイルス特別措置法による1都3県緊急事態宣言を受け、
埼玉県から、県民の「県境をまたぐ移動自粛」が要請されました。
このため、2/7予定だった長野県松川町講演に行けなくなりました。
(終息の見通し不明のため、講演予定は延期でなく中止とします)


令和三(2021)年の営業を開始しました。本年もよろしくお願いいたします。
『日本種苗新聞』元旦号が届きました。私のご挨拶も末尾に載っていました。

[2021.1.6]

A Happy GYU Year!

南無 五六七 弥勒 薬師に 釈迦 阿弥陀 −野口 動火/七六歳元旦
なむ ころな みろく やくしに しゃか あみだ −のぐち どうか/2021.1.1
※「五六七」は、釈迦入滅後56億7千万年後に現れるという弥勒仏を意味します。


昨年、2020年度分のトップページは、すべてこちらに移動しました。

日本全国の家庭菜園で、旬の美味しい伝統野菜を、安全に育てるお手伝いができるように。
…と、願って始めた 野口のタネ/野口種苗研究所のホームページです。
当地・飯能市は、東京近郊の中山間地帯という土地柄、お客さまの大半が家庭菜園の方です。
1929(昭和4)年の創業以来90年、三代続いて自給用野菜作りのお手伝いをしてきました。
固定種の伝統を守りつつ、地方野菜もご紹介し、日本の食文化を復活したいと考えています。

●目次● (更新の止まっている古いページがあります)
家庭菜園カレンダー  お野菜Who'sWho  タネの話あれこれ  野菜の病気と害虫  販売コーナー  タネ屋三代  

〒357-0067 埼玉県飯能市小瀬戸192-1 野口のタネ/野口種苗研究所 地図
代表者/野口 勲(のぐち いさお) E-Mail:tanet@noguchiseed.com
Tel.042-972-2478/Fax.042-972-7701

郵便振替口座:00190-6-648557 野口種苗研究所(のぐちしゅびょうけんきゅうじょ)
ゆうちょ銀行以外の銀行からお振込みの場合:
ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店・当座 0648557 野口種苗研究所