0
¥0

現在カート内に商品はございません。

純白色、ほろ苦い 純白苦瓜

じゅんぱくにがうり

Junpaku Bitter Gourd / ウリ科 Momordica charantia

種子消毒あり

熱帯アジア原産。沖縄県に古くから伝わる。

通常価格:
¥528税込
特徴

別名ツルレイシ。沖縄ではゴーヤ、マレーシアではペリア、セイロンではカラウィラ、中国でフクァと呼ぶ。本種は果皮が純白で美しく苦味少なく食べやすい。通常の品種より発芽しにくい。

用途

ビタミンCが一二〇ミリグラムあり、イチゴ(八〇ミリグラム)やレモン(九〇ミリグラム)より多い。ミネラル類はカリウムが豊富。

蒔きどき

5月~(直播)

採種地

タイ

発芽検定月

2021年1月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

過酸化水素水種子洗浄1回

Product Details 商品詳細

収穫期

盛夏。(開花後15~20日程度の若い実を収穫)

播種期

温床2、3月。直まきは5月以後充分地温が上がってから。

発芽適温

25〜30℃

播種法

ペンチ等で果皮に小傷をつけぬるま湯で吸水させてからまく。

覆土

1cm

生育適温

25〜35℃

栽培法

高温乾燥に強く、温度さえあれば丈夫で作りやすい。本葉5,6枚で芯を摘み、子蔓を出させる(果実は子蔓、孫蔓につく)。通常の苦瓜にくらべやや実つきが少ない。

採種法

完熟果より採種。(瓜類は他花受粉しやすいので注意)

種子寿命

常温で3、4年(やや長命の部類)

休眠

不詳。

種子保存法

よく乾燥し含水率を減らし、低温低湿度で保存する。

カートに追加しました。
カートへ進む