0
¥0

現在カート内に商品はございません。

銀マクワ。淡緑長円型 甘露まくわ瓜

かんろまくわうり

Kanro Makuwa-uri Melon / ウリ科 Cucumis melo var. ginmakuwa

国内採種品

本種は国内産マクワウリから北海道農事試験場が昭和初期に試作育成。北海道から岩手、宮城等東北一円で「甘い瓜」と好評を博していた。肉質は粘質で甘味がある。北海道・東北地方で戦前から戦後にかけて露地でさかんに栽培された。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 40粒以上  内容量 1.2ml
商品コード:1167
特徴

銀マクワ。淡緑色で薄い立縞が入り熟すと黄味を帯びる。一果重700~800グラムの俵型。甘味あり、メロン同様の芳香があり品質優秀。草勢強く生育旺盛で栽培容易。冷涼地で糖度高まり真価を発揮する。甘い香りとまろやかな味はオールドファンには欠かせない。岩手県北部~青森県南部で今も作られている伝統甜瓜です。

用途

若どりは漬物用に。完熟したら生食用に。完熟すると自然にヘタばなれするのでこれを収穫する。よく冷やして皮を厚めにむき、小さい種を気にせずワタごと食べると甘くておいしい。追熟せず傷みやすいので貯蔵性は低い。

蒔きどき

5月(直播)

採種地

岩手県

発芽検定月

2021年11月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

盛夏。

播種期

直播きは4月中旬以後。(比較的移植に弱いので直播きが良い)

発芽適温

15℃以上(25~30℃が最適)

播種法

15cm以上の高畝(鞍)に3,4粒ず播きポリキャップで覆う。

覆土

薄く。

生育適温

25~30℃

栽培法

畝間1.5m株間1m。発芽後間引いて1本にし、本葉4,5枚で摘心し、子蔓3〜4本仕立にする。孫蔓は葉を1,2枚残して摘心する。(孫づるに雌花[両全花]が付く)。暑さに強く露地でよく育つが、ウリバエに注意。完熟して皮がひび割れる寸前のものがおいしい。一株で10個ぐらいの実が収穫できる。子づるの10節位から出る孫つるに着果させます。

採種法

他花受粉性なので交雑しやすい。特にシロウリや他のメロンと簡単に交雑するので、採種したい雌花が蕾の時に袋かけし、開花する午前中に他株の雄花を取って受粉してやる。

種子寿命

ウリ類は比較的長寿命(4,5年以上)である。

休眠

マクワウリは採種後しばらく休眠することがあるという。

種子保存法

採種後水洗して日陰で乾燥し低温低湿度の場所に保管。

カートに追加しました。
カートへ進む