0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ハニーバンタムから選抜固定 モチットコーン

Mochitto Corn(Sweet Corn) イネ科 / Zea mays L.var.ceratina

国内採種品

トウモロコシの原産地は中南米。本種は長野県の自然農法センターが人工交配時代のF1ハニーバンタムを固定し、選抜育成した固定種。

通常価格:
¥500税込
特徴

F1スイ-トコ-ンほど甘くはないが甘味がある。熟期は約95日でややバラツキあり。過熟になると硬くなるので未熟なうちに収穫するよう心がける。直売や自給用に最適。

用途

焼きトウモロコシにして美味しい。ゆでて食べても良い。トウモロコシ全てに言えることだが柔らかい未熟果を食用にするので、収穫期が遅れないように注意する。

蒔きどき

4〜5月

採種地

長野県

発芽検定月

2020年12月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

夏〜秋。

播種期

露地5月。(ポリマルチで地温を上げて4月から)

発芽適温

15℃以上が望ましい

播種法

30cm間隔に数粒ずつ点播。発芽後間引いて1株にする。

覆土

2〜3cm。乾燥状態ではやや深く、地温が低いときは浅く。

生育適温

平均気温20〜22℃

栽培法

風媒花。そのため風上に他のトウモロコシがあるとその花粉の影響で実が変質する(キセニア)。黒粒種や白粒種が近くにあると、実に様々な色が混じる。また風下に営利栽培用のスイートコーンがあると、その商品価値が低下することがあるので、熟期をずらすなど特別な注意が必要である。

採種法

まとめて植え、雄花の花粉を下の雌花が受けやすいようにする。20個体以上の完熟果を確保し、数本ずつ束ねて風通しの良い軒下などに一ヶ月以上吊るして乾燥し、茎から脱粒する

種子寿命

完熟し、十分乾燥したタネの寿命は長いと言われている。

休眠

ない。

種子保存法

冷蔵庫のような低温低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む