0
¥0

現在カート内に商品はございません。

日本×西洋針種 治郎丸ほうれん草

じろうまるほうれんそう

Jiromaru Spinach / ヒユ科 Spinacia oleracea

愛知県が昭和に入ってホウレンソウの大産地となった時代の代表品種。尾張平野の中心にある稲沢市治郎丸が原産地とされる。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 2,400粒以上  内容量 1dl
商品コード:0218
特徴

日本在来の品種と西洋種の自然交雑「日本」×「ホーランディア」で生まれた品種で、種は東洋種の特徴である刺のある針種である。切れ込みの多い葉で、根部の桃色が鮮やか。気温が低下した時期での糖度の上昇やホウレンソウ特有の香りが高い。

用途

おひたし、和え物、うどん・そばのかて。炒め物、サラダなど。法蓮草は、無肥料栽培すると殊に甘味がのって美味であるという。(藤井平司「本物の野菜つくり」より)

蒔きどき

9、10月

採種地

イタリア

発芽検定月

2021年3月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

播種期

※べと病には抵抗性がないので、涼しくなってから蒔いて下さい。

発芽適温

15℃~20℃、25℃以上では発芽率が低下する。

播種法

暑いうちは冷水に、寒くなったらぬるま湯に一昼夜漬け、布で包み針の殻から芽を出させて蒔くと発芽が揃います。

覆土

タネの厚みの2、3倍。発芽まで充分水気を保つ。

生育適温

15~20℃、25℃以上で生育が抑制される。耐寒性が強く-10℃にも耐える。

栽培法

法蓮草は高温を嫌うので、9月彼岸前の残暑の頃に播く時は、浸水したタネを濡れた布に包み、冷蔵庫に置いて芽出ししてから降雨を待って播くと良い。(芽出ししたタネを乾燥した畑に播種すると、畑に表皮の水分を吸収され、表皮が硬く干すばってしまい、芯のタネが表皮を突き破れず死んでしまうので注意。

採種法

長日作物。長日・低温条件で花芽分化し、長日・温暖条件で抽苔は促進される。雌雄異株の風媒花。他品種が近くにあると交雑しやすい。他品種が近くにあった場合、雄株を刈り取る。初夏、雌株が黄変し枯れ始めたら地際から刈り取って数日天日に干し、枝葉を落としてから棒で叩いて脱粒し(針種の品種は素手だと痛いので、地下足袋などを手にはめて靴底で擦って脱粒させると良い)、風選してゴミを除きよく乾燥する。

種子寿命

カラ(針)付きのままなら寿命は長い。(約3年)

休眠

種皮に発芽抑制物質がある。採種後2~3か月間休眠する。

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む