0
¥0

現在カート内に商品はございません。

もち性白実 アマランサス

Grain Amaranth / ヒユ科Amaranthus hypochondriacus

国内採種品

中南米原産。日本には1980年頃に岩手大学が導入した。

通常価格:
¥314税込
特徴

子実を食べるgrain amaranth。米麦に少ない必須アミノ酸のリジンを多く含む。穀物アレルギーの代替食として効果が高い。ヒユ科。

用途

モチ性。事前に浸漬し過熱すると粘りが生じ、米麦となじみやすい。麺、飯米、パン、菓子等に。

蒔きどき

5、6月

採種地

岩手県

発芽検定月

2020年12月

発芽率

70%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

日が短くなってから開花、10月頃結実する。

播種期

5~6月(九州なら4月~7月上旬)

発芽適温

15℃以上

播種法

土をよく砕き、畝幅70cm株間20cmに3、4粒ずつ点播。

覆土

非常に細かいので、1cm位とし土になじむよう押える。

生育適温

20〜25℃

栽培法

葉数10枚位までに間引いて二本立ちにする。開花後50日前後で登熟するので、穂を握って粒が付着するのを目安に鎌で穂首から手刈りする。他品種との交雑に注意。

採種法

刈り取った穂を天日乾燥し、米麦の脱殼機で脱粒する

種子保存法

よく乾燥し低温低湿度の場所で保存する。

カートに追加しました。
カートへ進む