0
¥0

現在カート内に商品はございません。

細長くて辛くない唐辛子 伏見甘長唐辛子

ふしみあまながとうがらし

Fushimi Long Sweet Pepper / ナス科 Capsicum annuum var longum Bailey

唐辛子は中南米原産。16世紀末(戦国時代)に日本伝来。1684年の『雍州府史』に「稲荷付近で栽培」とあり、伏見で古くから作られてきた。

通常価格:
¥314税込
特徴

辛味が出ない細長の甘とうがらし。江戸初期から栽培されている京野菜。早生で性質強健。よく繁茂して果形10〜15cmぐらいの果実が一株200個ほど着果する。

用途

品質よく辛味が無いので、煮たり、焼いたり、天ぷらなどに用いられる。葉も佃煮にすると箸置きのつまみとして喜ばれる。

蒔きどき

2〜4月(温床)5月(直播)

採種地

中国

発芽検定月

2020年10月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

6月上旬~10月下旬。

播種期

温床まきの場合1月下旬から2月。直播きは5月以後。

発芽適温

25〜30℃(要変温)、発芽可能温度15〜35℃

播種法

光線が当たらず、多少昼夜の温度変化があったほうが良い。

覆土

タネが隠れ発芽までの2週間湿度がとれる程度。

生育適温

25〜30℃。35℃以上になると着果・結実が悪くなる。

栽培法

露地への定植・播種は、地温が18℃以上と充分温かくなってから行う。最初の果実のついた節から出る分枝2、3本を伸ばし、それより下の枝はかき取る。辛いトウガラシの近くでは栽培しないほうがよい。

採種法

自家受粉性だが、虫媒により交雑することがある。(辛味種と交雑すると辛味のほうが優性なので辛くなる)完熟果を10日追熟し、切開いて種を出し乾燥する。水洗はしない。

種子寿命

ナス科植物の中では比較的短命(2~3年)である。

休眠

休眠期は無い。

種子保存法

よく自然乾燥したら低温低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む