0
¥0

現在カート内に商品はございません。

小さな激辛トウガラシ 沖縄島唐辛子

おきなわしまとうがらし

Okinawa Shima Chili Pepper / ナス科 Capsicum frutescens

古く高麗草と呼ばれた唐辛子(高麗胡椒)が、18世紀初頭までに薩摩から沖縄に伝わる。高麗草が沖縄読みでコーレーグスに。

通常価格:
¥314税込
特徴

沖縄名コーレーグス。果長2cm内外の小さな激辛トウガラシ。放っておいてもたくさん実をつけるほど作りやすい。葉物野菜と一緒に植えると虫が寄り付かないと言われ、沖縄では一家に一本欠かせない。

用途

1、2日陰干しし、30℃以上の泡盛に2、3か月漬け込んだ薬味の名も「コーレーグス」。酢、胡麻油に漬け込んでもいいし、潰して味噌や醤油に混ぜたり、乾燥し粉にしたり使用法は色々。葉唐辛子にも良い。 *ご注意:発芽勢がやや弱く、発芽が揃うまで時間がかかります。予めご了承願います。

蒔きどき

2〜4月(温床)5月(直播)

採種地

インド

発芽検定月

2021年1月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

9月~11月。(霜が降りる頃まで)

播種期

温床まきで2、3月。直播きは5月以後。

発芽適温

25〜30℃(要変温)、発芽可能温度15〜35℃

播種法

光線が当たらず、多少温度変化があったほうが良い。

覆土

タネが隠れ発芽までの二週間湿度がとれる程度。

生育適温

10℃〜40℃

栽培法

晩霜の心配がなくなった5月頃、株間50cmぐらいに植え付ける。主枝に一番果がついたら、その下から出る側枝二本を残し、三本仕立てにする。長期間実をつけるので適宜追肥を施す。乾燥を嫌うので、敷き藁や灌水に注意する。開花後1か月ぐらいの緑色の時から収穫できる。

採種法

完熟果を10日追熟し切開いて種を出す。水洗はしない。(種に触った手をそのままにしておくとかぶれることがある。触った後は手をよく水洗いしておくこと)

種子寿命

ナス科植物の中では比較的短命(2、3年)である。

休眠

完熟した種に休眠期は無い。

種子保存法

よく自然乾燥したら低温低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む