0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ハバネロ(橙)唐辛子

Habanero Orange Chilipepper / ナス科 Capsicum chinense Jacq.

キューバが起源といわれており、そこからユカタン半島に広がった。日本で栽培されるようになったのは、2000年以後である。

通常価格:
¥550税込
特徴

世界一辛い唐辛子といわれるハバネロの一般的オレンジ色品種。(幼果は緑) ハバネロは猛烈に辛いだけでなく、柑橘系のフルーティな香りもある。果実の大きさは2〜6cm。栽培は普通の唐辛子と同じで作りやすい。

用途

香辛料。激辛スナック「暴君ハバネロ」に使われて有名。辛さはハラペーニョの80倍、タバスコの10倍という。 極めて刺激の強い作物なので、猫も近寄らないという。当然、猪など害獣防除効果も大きいと思われる。

蒔きどき

4、5月

採種地

イギリス

発芽検定月

2021年1月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

9月~11月。(霜が降りる頃まで)

発芽適温

地温日中25℃夜間17℃以上

播種法

光線が当たらず、多少温度変化があったほうが良い。

覆土

タネが隠れ発芽までの二週間湿度がとれる程度。

生育適温

15〜35℃

栽培法

5月中旬、5、60cm間隔に定植。高さ60cmで最初の開花が見られるが、この頃頂芽を摘み、三本仕立てで育てる。次々開花する花の三つに一つくらいに実が付き、緑の幼果が1か月で熟してオレンジになったら収穫する。収穫の際、樹液が手に付くと痛いので、手袋をして皮膚を保護する。

採種法

完熟果を10日追熟し切開いて種を出す。水洗はしない。(種に触った手をそのままにしておくとかぶれることがある。触った後は手をよく水洗いしておくこと)

種子寿命

ナス科植物の中では比較的短命(2、3年)である。

休眠

完熟した種に休眠期は無い。

種子保存法

よく自然乾燥したら低温低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む