0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ハバネロより辛いトウガラシ! ジョロキア唐辛子

Bhut Jolokia Ghost Chili Pepper / ナス科 Capsicum chinense × Capsicum frutescens

インド北東部生まれの激辛トウガラシ。

通常価格:
¥660税込
数量:
一袋あたり: 粒数 13粒以上 
商品コード:1643
特徴

世界で最も辛い唐辛子のうちの一つ。初期生育は遅いが、適地では草丈は100cm以上に達する。果長4cm位で果皮は熟すと赤色になる。 実や種を触った手が目などの粘膜に触れると炎症を起こす恐れがありますので、ご注意ください。 *発芽率が低いため増量しております。予めご了承下さい。

用途

オイル漬けなどにしてチャツネ、ピクルス、カレーの辛味つけに。辛さはタバスコの400倍という。極めて刺激の強い作物なので、猫も近寄らないという。当然、猪など害獣防除効果も大きいと思われる。 *発芽率が低いため増量しております。予めご了承下さい。

蒔きどき

3〜4月(温床)5月(直播)

採種地

インド

発芽検定月

2022年1月

発芽率

65%以上 *発芽率が低くなっております。予めご了承下さい。基準発芽率に満たないため、30%の増量詰めとなっております。

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

9月〜11月(霜が降りる頃まで)。定植から100~120日。

播種期

3〜4月(温床)5月(直播)

発芽適温

地温日中25℃夜間17℃位(変温処理が必要)

播種法

温度変化があったほうが良い。

覆土

タネが隠れ発芽までの2週間湿度がとれる程度。

生育適温

20〜30℃

栽培法

5月中旬、60cm間隔に定植。高さ60cmで最初の開花が見られるが、この頃頂芽を摘み、三本仕立てで育てる。次々開花する花の三つに一つくらいに実が付き、緑の幼果が1か月で熟して赤色になったら収穫する。収穫の際、樹液が手に付くと痛いので、手袋をして皮膚を保護する。

採種法

完熟果を10日追熟し切開いて種を出す。水洗はしない。(種に触った手をそのままにしておくとかぶれることがある。触った後は手をよく水洗いしておくこと)

種子寿命

ナス科植物の中では比較的短命(2、3年)である。

休眠

完熟した種に休眠期は無い。

種子保存法

よく自然乾燥したら低温低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む