0
¥0

現在カート内に商品はございません。

味が良い日本伝統の長人参 滝野川大長人参

たきのがわおおながにんじん

Takinogawa Long Carrot / セリ科 Daucus carota L.

種子消毒あり

アフガニスタン原産。中国華北から日本渡来。吉宗が小石川薬種園に集めて滝野川大長人参になり、昭和初期に万福寺大長人参となった。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 2,000粒以上  内容量 8ml
商品コード:1561
特徴

ニンジンは林羅山の『多識編』(1631)に初めて登場する。江戸初期渡来した日本で最も古い系統の血をひく長ニンジン。根長六十センチ以上。夏まき専用で、6月以前や9月以後にまくと低温に感応して抽苔してしまうことがある。春まきは絶対避けること。

用途

甘く食味が非常に良いので、正月の煮物に最適。間引いた葉もおいしい。 本種は、滝野川大長と札幌大長が交雑して生まれた「万福寺大長人参」を、採種元である北区滝野川の日本農林社の了解を得て江戸東京野菜の名に戻した。

蒔きどき

6月中旬~7月中旬

採種地

イタリア

発芽検定月

2020年10月

発芽率

70%以上

種子加工

なし

種子消毒

チウラム・イプロジオン剤粉衣各1回

Product Details 商品詳細

収穫期

播種後130日で収穫適期。11月~春3,4月。

播種期

乾燥期は発芽しにくいので梅雨期(6月中旬~7月中旬)が良い。

発芽適温

最適15〜25℃。35℃以上では不良となり、10℃以下では不揃いとなる。(可能範囲5~30℃)

播種法

種が細かいので薄めにスジまきする。

覆土

好光性なので覆土しない。籾殻を薄くまき湿度を保持する。

生育適温

最適18〜21℃、地温23〜28℃。

栽培法

長ニンジンは耕土が膨軟で深くないと順調に育たない。火山灰土が最適であるが、浅い土の場合、60cm以上深耕しておく。畝幅60cmに1~2条まき。発芽初期から混み合っている所は早めに間引き、本葉2枚で3~5cm間隔に、6枚頃には最終間引きで株間を20cm以上とする。(間引きが遅れると根が育たない)

採種法

越冬させると10℃以下の低温に感じて花芽ができる。虫媒花なので他品種が近くにあると交雑する。白い花傘が熟して黄色くなったら刈り取る。種の毛は布袋に入れてよく揉んで落す。

種子寿命

短い。(冷暗所保存で2、3年)

休眠

種の毛に休眠物質がある。水溶性なので、流水で洗うと落ちる。

種子保存法

充分乾燥させ乾燥剤と共に密封し冷蔵庫等に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む