0
¥0

現在カート内に商品はございません。

中型でトウ立ち遅い 中生チンゲンサイ

なかてちんげんさい

Mid Green pak choi / アブラナ科 Brassica chinensis

華中・華南地方の原産。日中国交回復後の1970年代より急速に普及。1983年農水省が「チンゲンサイ」と名称統一。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 2000粒以上  内容量 8ml
商品コード:0020
特徴

青梗菜。小白菜(パクチョイ)の中で青茎のもの。白茎のパクチョイは明治時代から日本に入り、体菜などに変化していたが青茎は珍しかったので、戦後の中国野菜の代表品種となった。やや大株になる中生種。

用途

油炒め、煮物、鍋物、和え物、漬物、スープなど。

蒔きどき

9月~10月、4月中旬

採種地

中国

発芽検定月

2020年5月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

春蒔きで5~6月。秋蒔きで11~12月。

播種期

春まきは4月中旬。秋まきは9月~10月

発芽適温

15℃~20℃

播種法

タネが隠れる程度の深さにスジ蒔き、またはバラ蒔き

覆土

普通 (通常タネの厚みの2~3倍)

生育適温

10℃~25℃

栽培法

発芽後、適宜間引いて育てる。(間引いたものは、つまみ菜として吸い物などに)厳寒期はポリトンネル、酷暑期は寒冷紗等の利用で、周年栽培も可能

採種法

菜類は自家不和合性なので複数株を用意する。菜の花を咲かせ、実がいったら刈り取り乾燥する。他の菜類と交雑し変化しやすいので隔離等充分注意する。

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

休眠期間は無い

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む