0
¥0

現在カート内に商品はございません。

貯蔵用大型結球 金沢大玉結球白菜

かなざわおおだまけっきゅうはくさい

Kaga Hakusai, Kanazawa Large Head Chinese Cabbage / アブラナ科 Brassica pekinensis

金沢の松下仁右衛門が育成(1920)。

通常価格:
¥314税込
特徴

俗に加賀白菜。耐病性のある芝罘(チーフー)系と品質の良い包頭連(ホウトウレン)系との交雑後代で成立。晩生系の長円筒型大玉で貯蔵性に富む。

用途

葉は柔らかく、甘味があり、鍋物や一夜漬けまたは漬物に適している。

蒔きどき

8月下旬

採種地

イタリア

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

晩秋から冬期。(播種後75日前後で結球)

播種期

8月下旬

発芽適温

20℃~25℃

播種法

ポットに一鉢3,4粒ずつ播種。本葉1枚で生育のよい1本を残す。

覆土

普通、種が隠れ湿度がとれる位。 (通常タネの厚みの2~3倍)

生育適温

20℃前後(夜温15℃以下で結球開始)

栽培法

本葉4,5枚の頃、畝幅1.3m、株間45cmの二列植えで定植。元肥は1平米当り石灰200g、化成肥料(10:10:10)180g。追肥は定植2週間後と結球前の2回、化成肥料(10:10:10)を30gずつ施す。(採種元松下種苗のマニュアルより)根こぶ病の出る畑は避ける。

採種法

自家不和合なので複数の株を用意する。菜の花を咲かせ、実がいったら刈り取り脱穀し天日乾燥する。他のアブラナ科野菜との交雑に注意。

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

完熟し充分乾燥した後は休眠期は無い。

種子保存法

低温低湿度。(よく乾燥し、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に)

カートに追加しました。
カートへ進む