0
¥0

現在カート内に商品はございません。

柔らかくておいしい山東菜 盛岡山東菜

もりおかさんとうな

Morioka Santo-na / アブラナ科 Brassica rapa

国内採種品

山東菜は明治時代に中国山東省から日本に導入。半結球の大型山東や、切れ葉、丸葉、べか山東など各地にさまざまな品種が定着している

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 2000粒以上  内容量 8ml
商品コード:0106
特徴

寒さに強く、四月から九月までまくことができる。葉は美しい淡緑色で、柔らかく美味しい。草勢強く、生育旺盛で、誰でも手軽に栽培できる。播種後五〇日ぐらいからいつでも収穫できる。

用途

原産地の中国では炒めものに使われていたが、日本では小松菜と並ぶ「おひたし」用の定番菜っぱ。

蒔きどき

春、秋

採種地

岩手県

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

初夏から年内いっぱい。

播種期

桜の開花後から9月(暖地では10月)末まで。

発芽適温

20℃~25℃

播種法

タネが隠れる程度の深さにスジ蒔き、またはバラ蒔き。

覆土

普通 (通常タネの厚みの2~3倍)

生育適温

20℃~25℃

栽培法

東北に定着した山東菜なので暖地の物に比べて寒さに強いが、越冬栽培には向かない。春早くまくと収穫前にトウ立ちすることがあるので、桜が開花してからまくと良い。気温が高くなってからの栽培は、モンシロチョウやコナガに卵を産みつけられないように注意。(寒冷紗被覆などの効果が高い)

採種法

自家不和合なので複数の株を用意する。菜の花を咲かせ、実が登熟したら刈り取り、脱穀し天日乾燥する。他のアブラナ科野菜との交雑に注意。

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

休眠期間は無い

カートに追加しました。
カートへ進む