0
¥0

現在カート内に商品はございません。

金町系小カブ みやま小かぶ

Miyama Kokabu Turnip / アブラナ科 Brassica rapa

国内採種品

野口種苗育成(S26)。S30年代から40年頃にかけて、日本種苗協会主催/全国原種審査会「金町系小蕪の部」農林大臣賞連続受賞。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 2,000粒以上  内容量 8ml
商品コード:0003
特徴

金町系小かぶの最高品種。中かぶまで育てても玉割れ少なく、肉質ち密で甘味ありおいしい。

用途

生でかじっても柔らかくおいしい。サラダ、浅漬、味噌汁の実、和え物、煮物など(煮過ぎるととろけるので注意)。葉も美味。薄くスライスして昆布と甘酢で漬けて千枚漬けにもできる。 。※昨年度当店採種品は少量の原種しか採れなかったため、本種は、岩手の採種場に委託採種してもらった採種品です。

蒔きどき

9月中旬、4月中旬

採種地

岩手県

発芽検定月

2020年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

春まき6月。秋まきで11~12月。

播種期

春まきは4月中旬。秋まきは9月中旬。

発芽適温

15℃~20℃、最低温度4〜8℃、上限は40℃

播種法

タネが隠れる程度の深さにスジ蒔き。またはバラ蒔き。

覆土

普通 (通常タネの厚みの2~3倍)

生育適温

15℃~20℃前後

栽培法

発芽後、適宜間引いて育て、大きく育ったものから長期に渡り収穫する。(固定種なので生育がばらつく)厳寒期にはポリトンネルで覆下栽培。酷暑期には寒冷紗等の利用で、周年栽培も可能。(俗に四季まき小かぶと称する)ただし、あまり収穫が遅れると表皮や肉質がスジばるので注意。

採種法

良いカブを選び30cm間隔で土中に生け、菜の花の開花後、結実して莢が茶褐色になったら刈り取り、天日干しにしてよく乾燥させる。自家不和合性なので、最低10株以上まとめて採種する。

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

充分乾燥した後の種子には休眠期間は無い。

種子保存法

よく乾燥し、乾燥剤と一緒にお茶の缶などに入れ、冷蔵庫に。

カートに追加しました。
カートへ進む