0
¥0

現在カート内に商品はございません。

菜もカブもおいしい 加茂酸茎菜

かもすぐきな

Kamo Suguki-na / アブラナ科 Brassica campestris

江戸初期から京都加茂の名物として有名であった。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 1,600粒以上  内容量 8ml
商品コード:0125
特徴

菜と言うよりカブ。間引き菜が「すぐき菜」で、最高の「菜」と言う。三十センチ程に育ったカブを葉ごと漬けたのが、京都名物の「すぐき」だと言う。

用途

皮をむき、漬けて乳酸発酵させる「すぐき」用に特化して栽培されているが、菜やカブの用途なんでも向くと思う。試してみては?

蒔きどき

8月下旬~9月

採種地

中国

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

晩秋初冬の11~12月。間引き菜は当然その前。

播種期

早穫り用には8月下旬からまくが、9月が最適。

発芽適温

15~20℃

播種法

スジまき。またはバラまき。

覆土

通常タネの厚みの2、3倍。

生育適温

15℃~20℃前後

栽培法

間引き菜を利用しながら、30cm間隔ぐらいの株立ちに育てる。

採種法

良い蕪を植え替え、越冬させ、菜の花を開花させて採種

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

種子が充実し乾燥した後は休眠しない。

種子保存法

乾燥後、お茶の缶などに入れ低温低湿度の所に保管。

カートに追加しました。
カートへ進む