0
¥0

現在カート内に商品はございません。

極早生で葉もおいしい 博多据りかぶ

はかたすわりかぶ

Hakata Suwari Turnip / アブラナ科 Brassica rapa

国内採種品

大阪伝統の天王寺カブが博多に土着してできたと言われている。

通常価格:
¥314税込
特徴

暑さに強い極早生の中カブ。葉は鮮緑色で根は多少腰高の扁平形。高さ六センチ、直径十センチ位。早生種なのでややス入りが早い。

用途

肉質よく甘味があり、漬物や煮物などに利用されてきた。葉もおいしい。

蒔きどき

8~10月

採種地

福岡県

発芽検定月

2020年8月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

10~12月。

播種期

8、9、,1 0月まき。(春4月まきも可能)

発芽適温

15℃~25℃

播種法

タネが隠れる程度の深さにスジ蒔き。またはバラ蒔き。

覆土

普通 (通常タネの厚みの2~3倍)

生育適温

15℃~20℃前後

栽培法

発芽後、適宜間引いて育てる。間引いたものは、つまみ菜として吸い物などに。寒さにそれほど強くないので、冬期はトンネルで保温するとよい。温暖地に適応してきたので、寒地では低温に感応しやすく春の抽苔が早いのではないかと思われる。

採種法

30cm間隔で植替え、菜の花開花後、実がいったら刈り取り乾燥する。他品種のカブや一般菜っぱ類などのアブラナ科野菜(Brassica rapa属)と交雑するので隔離する。

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

充分乾燥した後の種子には休眠期間は無い。

種子保存法

よく乾燥し、乾燥剤と一緒にお茶の缶などに入れ、冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む