0
¥0

現在カート内に商品はございません。

飛騨の「赤かぶ漬」はこれ! 飛騨紅かぶ

ひだべにかぶ

Hida Red Turnip / アブラナ科 Brassica rapa

国内採種品

江戸時代から続く八賀カブ(信州開田カブ系)の中から大正7年にコサカ種苗の小阪吉造氏が発見した真紅の突然変異株を選抜育成した。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 2000粒以上  内容量 8ml
商品コード:1518
特徴

岐阜県飛騨高山の名物「赤かぶ漬」に用いられる。根径一二~一四・、厚み七・ぐらいの扁円形で、根重三〇〇~四〇〇グラム。真紅の発色が美しい。葉の長さは五〇・ぐらい。葉にはアントシアンが無いため淡緑色。

用途

一般的な土産用の甘酢漬けのほか、長期保存用の塩漬けも販売されている。漬物加工会社への出荷は、葉を切って根の蕪だけ袋詰めして出しているが、青果用は長い葉ごと出荷している。

蒔きどき

9月

採種地

岐阜県

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

高山付近では8月下旬に播種し、10月下旬~11月下旬に収穫。

播種期

冷涼地では8月下旬~9月上旬。中間平坦地では9月中下旬

発芽適温

15℃~20℃、最低温度4〜8℃、上限は40℃

播種法

タネが隠れる程度の深さにスジ蒔き。またはバラ蒔き。

覆土

普通 (通常タネの厚みの2~3倍)。

生育適温

15℃~20℃前後

栽培法

発芽後、適宜間引きながら育てる。(間引いたものは、つまみ菜として吸い物などに)カブが直径5~7cmに育ったものから順次収穫する。高温期に栽培すると虫害にやられやすいので、発芽後は防虫網で覆い、蛾による葉裏への産卵を防ぐ。

採種法

良い蕪を複数株植え替え、越冬させ、菜の花を開花させて刈り取り、乾燥後莢から外して採種。カブは、白菜、小松菜などの菜類と同系統なので交雑に注意。(辛子菜や高菜とは交雑しない)

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

種子が充実し乾燥した後は休眠しない。

種子保存法

乾燥後、お茶の缶などに入れ低温低湿度の所に保管。

カートに追加しました。
カートへ進む