0
¥0

現在カート内に商品はございません。

芯まで青くビタミン豊富 衛青(アオナガ)大根

えいちんあおながだいこん

Aonaga Daikon / アブラナ科 Raphanus sativus L.

天津から中国華北地方に伝わり、北京市南部で多く栽培される。日中国交回復で復活したが、かつて伝来した物は信州地大根に。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 500粒以上  内容量 10ml
商品コード:0051
特徴

根長二〇~二五センチ、根径五センチ、重さ四百グラム。根の五分の四は地上に露出し、露出部は灰緑色になる。内側まで青くビタミン含有量が多いので、一部種苗会社では「ビタミン大根」の名で売られている。

用途

水分多く肉質はもろい。収穫したてはやや辛味があるが、貯蔵中に甘味が出てくる。サラダや生食に向く。(おろすと緑色の大根おろしになる)

蒔きどき

8、9月

採種地

イタリア

発芽検定月

2021年5月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

11~12月。(播種後60日ぐらいから)

播種期

8,9月

発芽適温

最適24℃~28℃、15〜35℃が実用上の限界温度。

播種法

20cm間隔に点播し、本葉が出たら間引いて1本立ちに。

覆土

1~2cm。大根のタネは嫌光性なのでしっかり覆土する。

生育適温

17℃~21℃、生育初期には高温にも耐えるが、平均25℃を越えると根部の肥大が悪くなり、肥大後は軟腐病や生理障害が発生しやすくなる。

栽培法

葉は開帳性で先端はやや垂れる。葉数は比較的少ない。耐暑・耐水・耐病・貯蔵性は強い。8月から高畝に直播きして10月下旬~収穫。収穫後直ちに土中に埋蔵すれば、1月から5月まで使用することができる。

採種法

良品を選び株間を開けて植え直し、開花後莢を熟させる。 (他の大根との交雑に注意する)

種子寿命

よく乾燥したタネならやや長命の部類(~4、5年)

休眠

大根種子は休眠しない(雨で莢内で発芽せぬよう注意)

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む