0
¥0

現在カート内に商品はございません。

おいしい中型青首ダイコン 打木源助大根

うつぎげんすけだいこん

Utsugi Gensuke Daikon / アブラナ科 Raphanus sativus

昭和17年、金沢市打木町の故松本佐一郎氏が選抜作出。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 400粒以上  内容量 10ml
商品コード:0077
特徴

宮重系源助総太と練馬系の打木在来種との自然交雑から選抜固定された。長さ25cm、太さ10cm位のずんぐり型で首部は淡緑色。ウィルスと萎黄病に抵抗性がある。収穫が遅れるとス入りするので注意。

用途

肉質極めて柔らかで甘味が強く、おでん、ふろふき、酢あえ、おろしとして、また金沢特産のこうじ漬け、「大根寿司」の原料として欠かせない品種。

蒔きどき

9月

採種地

イタリア

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

10月中旬~年明け

播種期

石川県では8月20日~9月10日の間。

発芽適温

最適24℃~28℃、15〜35℃が実用上の限界温度。

播種法

間引きし易いよう一粒ごとに間隔を空けて播種する。

覆土

大根は嫌光性種子なので、土で確実に覆土する。

生育適温

17℃~21℃、生育初期には高温にも耐えるが、平均25℃を越えると根部の肥大が悪くなり、肥大後は軟腐病や生理障害が発生しやすくなる。

栽培法

収穫時期はス入りを考慮して、8月20日前後の早まきでは播種後55~60日。適期まきでは60~65日。9月10日前後の遅まきでは70日以上とし畑に長く置き過ぎないようにする。遅まきでは越冬も可能(寒くなるほど美味)。1本1~1.2kgで収穫する。

採種法

金沢では収穫株を縦半分に切断し、ス入りの無い物を採種用株として植付けるという。F1の原種保存用に首部から下を切って鉢上げし、採種するのはメーカーでよく見るが…。

種子寿命

よく乾燥したタネならやや長命の部類(~4、5年)

休眠

大根種子に休眠は無い(莢内で発芽することさえある)

種子保存法

よく乾燥させ、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む