0
¥0

現在カート内に商品はございません。

純白中型の京ダイコン 白上り京大根

しろあがりきょうだいこん

Shiroagari Kyo Daikon / アブラナ科 Raphanus sativus

江戸時代から栽培される中堂寺大根(茎大根)の系統。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 400粒以上  内容量 10ml
商品コード:0124
特徴

肌が純白で中型中生の秋大根。根の半分は土の上に抽出する。尻止まりよく紀州、田辺、山田ねずみ大根等の祖といわれる。

用途

肉質良く、葉ごと漬けることから茎大根とも呼ばれ、各種漬物や煮物に向いている。

蒔きどき

8、9月

採種地

中国

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

晩秋。

播種期

8月下旬~9月中旬。

発芽適温

最適24℃~28℃、15〜35℃が実用上の限界温度。

播種法

株間30cmに点播。瓶底を圧し円にまくと間引きが楽。

覆土

1cm位。発芽には暗い方がよいので完全に覆土する。

生育適温

17℃~21℃、生育初期には高温にも耐えるが、平均25℃を越えると根部の肥大が悪くなり、肥大後は軟腐病や生理障害が発生しやすくなる。

栽培法

完熟堆肥等有機質の多い膨軟、通気性のよい土作りをする。在来種の大根はウイルスに強くないので、早まきは避ける。また遅くまで置き過ぎるとスが入るので注意。適期収穫を心掛ける。(適期に抜いて干し大根にし漬物用とする)

採種法

形状の良い物を複数株残し、間隔を空けて植え替える。開花後、完熟した莢を刈り取り脱穀して日に干し乾燥する。大根同士は交雑しやすいので注意する。

種子寿命

よく乾燥したタネならやや長命の部類(~4、5年)

休眠

無。雨期に刈取が遅れると莢の中で芽を出すので注意。

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶などに入れ密封し冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む