0
¥0

現在カート内に商品はございません。

宮中行事用小型ダイコン 京都青味大根

きょうとあおみだいこん

Kyoto Aomi Daikon / アブラナ科 Raphanus sativus

文化、文政年間(1804-30)、初期に現右京区西京極で作出された。尻部が曲がりやすく、今は絶滅した郡大根の変異種として作出されたものではないかと言われる。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 250粒以上  内容量 5ml
商品コード:0134
特徴

15センチ、太さ1~1.5センチ。根は彎曲し首は土の上に出て、青首になる。

用途

刺身の取り合わせ、酢漬、お吸い物の浮かしなど。宮中や富裕な商家などで、旧正月頃のお祝行事の際用いられた。

蒔きどき

9〜10月初旬

採種地

中国

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

11〜1月中旬

播種期

9〜10月初旬

発芽適温

最適24℃~28℃、15〜35℃が実用上の限界温度。

播種法

不詳。ばら蒔きし、随時間引いて育てたのだろう。

覆土

1cm以上。大根は嫌光性種子なので確実に覆土する。

生育適温

17℃~21℃、生育初期には高温にも耐えるが、平均25℃を越えると根部の肥大が悪くなり、肥大後は軟腐病や生理障害が発生しやすくなる。

栽培法

不詳。地表に出ている緑色の部分と地中の白い部分の割合が半々で青味の濃いものが良品とされたという。冬、胡瓜のとれない時代、胡瓜代わりの青味として珍重されたものという。

採種法

根形の優良な株を植え広げ、開花後莢に実をいらせる。大根同士は交雑しやすいので、他の大根の花が近くで開花しないように注意する。

種子寿命

よく乾燥したタネならやや長命の部類(~4、5年)

休眠

無。雨期に刈取が遅れると莢の中で芽を出すので注意。

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶などに入れ密封し冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む