0
¥0

現在カート内に商品はございません。

漬物に最適な短型ダイコン 和歌山大根

わかやまだいこん

Wakayama Daikon / アブラナ科 Raphanus sativus

国内採種品

紀州の殿様が江戸から持ち帰った大根が祖先と言われています。

通常価格:
¥314税込
特徴

根の長さ三〇㎝ぐらい、直径八㎝ぐらいの丸尻で円筒形。耐病性強く、生育旺盛。肥大早く、肉質緻密でやわらかい。

用途

たくあん漬のほかベッタラ漬けなどの高級漬物や、おでんなどの煮食用に最適。

蒔きどき

8、9月

採種地

岐阜県

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

11月~12月。

播種期

8、9月

発芽適温

最適24℃~28℃、15〜35℃が実用上の限界温度。

播種法

30cm間隔に数粒ずつ点播し、本葉が出たら間引いて1本立に。

覆土

1~2cm。大根のタネは嫌光性なのでしっかり覆土する。

生育適温

17℃~21℃、生育初期には高温にも耐えるが、平均25℃を越えると根部の肥大が悪くなり、肥大後は軟腐病や生理障害が発生しやすくなる。

栽培法

畝幅60cmに点播し、適宜間引いて株間30cm内外の一本立ちとする。無理な早まきはウイルス病の危険があるので避ける。収穫が遅れ、途中肥料切れなどを起こすとス入りの原因となるので、摘期収穫を心掛ける。(収穫後は干して漬物利用とする)

採種法

良品を選んで植え直し、開花後莢に実る種を完熟させて刈取り、軒下に吊るして乾燥させてから莢を割ってタネを取り出す。(莢の殻は箕などで風選して飛ばし、重いタネだけ残す)

種子寿命

よく乾燥したタネならやや長命の部類(~4、5年)

休眠

大根種子は休眠しない(雨で莢内で発芽せぬよう注意)。

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む