0
¥0

現在カート内に商品はございません。

東京のおでん大根の元祖 秋づまり大根

あきづまりだいこん

Akidzumari Daikon / アブラナ科 Raphanus sativus

尾張の方領大根から江戸時代に成立した練馬大根の一系統。葉や根の性質が祖先の方領大根に近似しているという。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 350粒以上  内容量 10ml
商品コード:1429
特徴

「東京秋づまり大根」別名「かこい大根」とも言う。直径八㎝、長さ四〇㎝くらいで尻の詰りが良い。円筒形のダイコン。肌は純白で美しく、肉質柔らかで水分と甘味に富む。ス入り少なくある程度貯蔵性もある。

用途

生食、おでん等の煮食、粕漬け(べったら漬)等の漬物など。漬物需要で収穫が遅れて太くなりすぎた時は、二つ割りにして干すと良い。

蒔きどき

8月下旬~9月上旬

採種地

イタリア

発芽検定月

2021年6月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

初冬。播種後75日~85日くらい。

播種期

関東標準で8月20日から9月5日頃。暖地では9月中下旬まで可。

発芽適温

最適24℃~28℃、15〜35℃が実用上の限界温度。

播種法

瓶底の丸い押跡に後で間引き易いよう間隔を空けて点播。

覆土

1㎝程位。大根は暗いほうがよいので完全に覆土する。

生育適温

17℃~21℃、生育初期には高温にも耐えるが、平均25℃を越えると根部の肥大が悪くなり、肥大後は軟腐病や生理障害が発生しやすくなる。

栽培法

生育に90日近くの日数が必要なので、本来の大きさに育てるには8月中には播種したい。ただし本種から分かれた大蔵大根ほどウィルス抵抗性が強くないので、極端な早播きは禁物。根が半分ほど地上に露出する抽根性なので、畑での冬超しはできない。本格的に寒くなるまでに収穫すること。

採種法

よくできた大根を年末に土中深く植え替え、越冬して春に開花後、莢を完熟させて刈り取り、脱穀した種子を天日に干してよく乾燥する。他の大根との交雑に注意する。

種子寿命

よく乾燥したタネならやや長命の部類(~4、5年)

休眠

休眠期はない(結実後雨が多いと莢で発芽することがある)

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶等に入れ密封し冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む