0
¥0

現在カート内に商品はございません。

血管を強くする健康野菜 あしたば

Ashitaba / セリ科 Angelica utilis Makino

国内採種品

日本原産(房総~紀伊半島の海岸に自生)。特に伊豆諸島に多く、現在の主産地の八丈島では江戸時代から栽培されてきた。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 150粒以上  内容量 10ml
商品コード:1267
特徴

セリ科。草丈50cm~1m。三宅島以北の赤茎種と八丈島に多い青茎種、それに中間型がある。葉や茎の切り口から黄色い汁が出る。多年草だが種をつけると枯れるので二年草扱いとする。種まき後二年目の葉を主に収穫する。 (冬季は土を乗せて越冬させる)

用途

葉をおひたし、ゴマ和え、味噌和え、天ぷら、汁の実など。他に八丈島では茶、粉末、佃煮などの加工もされる。イソクェルチトリンという毛細血管を強くする成分があり、高血圧予防に効果がある。

蒔きどき

4~5月

採種地

千葉県

発芽検定月

2019年2月

発芽率

30%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

4~10月。

播種法

移植を嫌うので直播。またはポット播き。発芽に20日位かかる。

覆土

好光性なのでしない。乾燥しないよう藁、籾殻等敷くと良い。

生育適温

20℃前後

栽培法

播種前日に一晩水に浸けて蒔くと発芽が早い。ポット播きの場合、根鉢を崩さないよう注意して夏半日陰になるような涼しい場所に30~40cm間隔に定植する。乾燥に弱いので敷藁してやると良い。連作しないほうがよい。収穫は2年目から。古い葉を2、3枚残し、新葉を摘む。盛夏は株を休ませる。

採種法

播種後2~4年ぐらいで成熟した株は5、6月月頃白い傘状の花を咲かせる。花後90日で種が褐色になり完熟したら脱粒するので、脱粒前に刈取り、陰干しする。

種子寿命

短い。採種後半年で90%以上から30%程度に落ちるという。

休眠

ない。

種子保存法

よく乾燥させ、低温低湿度の冷暗所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む