0
¥0

現在カート内に商品はございません。

大きな花蕾の西洋ナバナ チーマディラーパ

Cima di rapa, Sorrento Rapini Broccoli Raab / アブラナ科 Brassica Rapa.L

地中海原産のカブは、ローマ帝国がカトリック社会になると、根は食用にされず、葉・茎・蕾が食用とされ、チーマディラーパが生まれたと思われる。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 600粒以上  内容量 3ml
商品コード:1397
特徴

「チーマ・ディ・ラーパ」とは「カブの先端」という意味。日本の菜花に相当。早生系から晩生系まで各種あるが、本種は播種後50~55日で日本の一般的な菜花より大きな花蕾が収穫できる早生種。

用途

根はカブ(ラーパ)だが、根は食べず、葉と花蕾を食べる西洋菜花。南イタリアでよく食べられ、葉・蕾・茎を茹でてから炒めたり、オリーブオイルとレモンで和えたり、パスタと合わせたり、日本の菜花に準じて食べる。

蒔きどき

春、秋

採種地

イタリア

発芽検定月

2021年5月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

もっぱら秋から冬のイタリア野菜。

播種期

一般地の露地では5〜6月、8〜9月。トンネルなら3〜4月、10月も。

発芽適温

20〜23℃

播種法

播種床に点播し、生育不良株を間引き、本葉5、6枚で定植する。

覆土

タネが隠れ発芽まで乾かない程度に軽く覆土する。

生育適温

10〜25℃

栽培法

早春まきは遅霜、低温により早期抽苔する危険があるので、育苗温度(気温15℃が目安)に努める。育苗後株間30~40cmに定植(高温時はなるべく夕方に植え付け活着を促進する)し、大株に育てるのが良い花蕾を収穫するポイント。株元から手で折り採れる位置で収穫し、以後伸びて来る脇芽も次々収穫できる。

採種法

菜花(花蕾)を収穫せず放置すると菜の花が開花する。虫媒により種が結実するが、虫が少ない場合は手で花粉を別の株に付けてやる。(自家不和合性なので同じ株の花粉では受製しない)

種子寿命

日本の一般菜類に準じ常温で2~3年。(やや長命の部類)

休眠

莢で完熟させ、よく天日乾燥させた後はほとんど無い。

種子保存法

よく乾燥させ、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む