0
¥0

現在カート内に商品はございません。

鞍掛状の黒い斑が入った青ダイズ 信濃くらかけ大豆

しなのくらかけだいず

Shinano Kurakake Soybean / マメ科 Glycine max

国内採種品

長野県中信農業試験場育成品種。

通常価格:
¥314税込
特徴

晩生の品種。長茎で分枝が多く粒形は編楕円形で、種皮は緑色に黒の鞍掛状の斑紋がある。黒目で大粒良質で浸し豆として最高の品種。晩生で生育量が大きく倒伏することがあるため極端な早蒔きや密植を避け土寄せを励行する。立枯性病害は少ないが、ウィルス病によって斑紋が不明瞭になるためアブラムシの防除をしっかりと行う。

用途

浸し豆、枝豆等。

蒔きどき

7月

採種地

長野県

発芽検定月

2020年11月

発芽率

80%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

発芽適温

25〜30℃。10℃以下では不良になる。

生育適温

20〜25℃

栽培法

晩生系の大豆は、日が短くなったのを感じないと花が咲かないため、早まきしても木が大きくなるだけで開花せず実が付かない。また日が短くなっても、高温が続く熱帯夜のような時は、花粉が活性化せず花が落ちてしまう。夜涼しい高冷地以外では、7月半ばに播くと良い。肥料は無い方が良い。

カートに追加しました。
カートへ進む