0
¥0

現在カート内に商品はございません。

若返り効果!?の小粒黒大豆 黒千石大豆

くろせんごくダイズ

Kurosengoku Soybean / マメ科 Glycine max L.

有機 国内採種品

昭和12(1937)年、北海道農事試験場十勝支場が道内のタネ屋が「黒千石」の名で販売していた在来種を取り上げ、昭16年優良品種に指定。本種は北海道幕別町の折笠農場さんが有機栽培で採種した種子。

通常価格:
¥314税込
特徴

正式な品種名は「早生黒千石」。北海道の在来種で長日でも開花するが小ぶりの草姿のわりに成熟するまで長い生育期間(積算温度)を必要とする。北海道では晩霜の心配が無くなった五月に播種するが、中間地は高温期の開花を避け、落花を防ぐため七月まきがよい。

用途

昔は緑肥用に栽培された、復活後は小粒の黒豆納豆用として生産されていたが、血管を若返らせるアンチエイジング機能性食品としてTV等で話題になり、きな粉、お茶、味噌、煎り豆、菓子用材料等に幅広く利用されている。

蒔きどき

6、7月

採種地

北海道

発芽検定月

2021年3月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

10~11月。

播種期

北海道は5月下旬。内地は冷涼地6月。中間地では7月がよい。

発芽適温

25〜30℃。10℃以下では不良になる。

播種法

畝間60cm株間15~20cm間隔に2,3粒ずつ点播。

覆土

確実に覆土する。発芽後、鳥に食べられないよう厳重注意。

生育適温

20〜25℃

栽培法

発芽後、赤紫色の花が開花するまで日数がかかる。また東京や大阪などの都市部では最近の異常高温により、夜も熱帯夜のような高温だと花粉が活性化せず受粉が出来ないで落花してしまうので、9月に涼しくなってから開花するようになるべく遅まきしたほうが安全(遅まきの場合収量は少なくなる)。

採種法

完熟した豆を莢ごとよく乾燥させ、翌年のタネにする。大豆は種としての寿命が非常に短いので、毎年新しい種に更新する。大豆の中に虫が入っていることがあるので、選別は入念に。

種子寿命

常温で1年。

休眠

不詳。

種子保存法

大豆タネの長期保存は考えられないので、紙袋で常温保存。

カートに追加しました。
カートへ進む