0
¥0

現在カート内に商品はございません。

加賀伝統野菜の小形ナス へた紫茄子

へたむらさきなす

Hetamurasaki Eggplant ナス科 / Solanum melongena S.

ナスはインド原産。奈良朝に日本渡来。江戸時代に品種分化し、全国には約150種類の伝統ナスがあるという。昭和初期には栽培していた。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 90粒以上  内容量 1ml
商品コード:1580
特徴

その名の通りヘタの下まで紫色になり色つやよく日保ちがよい。草勢強く果肉が柔らかく甘味がある。短卵形で大きさが鶏卵大(約30グラム)前後の頃から朝夕の涼しい時間帯に収穫する。

用途

一口ナスの宿漬け(ぬか漬け)、ナスの素麺かけ、オランダ煮(煮浸し)など金沢の郷土料理に欠かせない。天ぷらなど、ナス料理ならなんでも。

蒔きどき

2〜4月(温床)5月(直播)

採種地

中国

発芽検定月

2020年10月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

夏から秋。

播種期

直播は晩霜の心配がなくなる5月。温床育苗では2月から。

発芽適温

最適温25~35℃(要変温)、発芽温度15〜40℃

播種法

日中30℃、夜間20℃の温度変化がとれる様工夫する。

覆土

タネが隠れ発芽までの2週間、必要な湿度が保持できる程度。

生育適温

昼間23〜28℃、夜間16〜20℃(最低7℃~最高40℃)、地温18〜20℃

栽培法

寒害で根を傷めないよう露地への定植は地温20℃以上tぽ充分温かくなってから行う(直播も同じ)。畝幅1.2m、株間50cmの一条植え。一番花が咲き始める頃、一番花の下の脇から発生する枝2本と親枝の3本仕立てとする。水や肥料がきれると色つやが悪くなり果実も硬くなるので、盛夏には充分灌水する。

採種法

自家受粉するので品種は維持しやすい。(たまに虫媒により交雑)よくできた種果を褐色になるまで枝につけ、収穫後日陰で追熟。柔らかくなった果実をつぶして水洗し日に干す。

種子寿命

長命種子の代表である。(採種後5年以上)

休眠

休眠期は無い。

種子保存法

天日乾燥後1週間干し、低温低湿度で保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む