0
¥0

現在カート内に商品はございません。

全国制覇した黒イボ胡瓜 落合節成胡瓜

おちあいふしなりきゅうり

Ochiai Fushinari Cucumber / ウリ科 Cucumis sativus

新入荷のタネ 国内採種品 おひとり様1点限り

埼玉県与野市落合原産。完全節成りで節間詰まる「関野系 」と伸長性で飛成り型の「埼落系 」、それに晩生の 「日向系 」に分かれ、また久留米系、高知系など全国に広がった。

通常価格:
¥524税込
特徴

埼玉生まれの華南系黒イボ節成キュウリ。中形の極早生種。皮は硬めで見た目はごついが、歯切れがよく胡瓜本来の風味がありおいしい。相模半白胡瓜と似ているが、草勢が比較的強く、果皮は全体的に緑色である。固定種なのである程度ばらつきはあるが節成性の強い子蔓がよく発生する。本種はトキタ種苗の倉庫に眠っていた貴重な種から野口種苗スタッフが採種。

用途

生食・サラダ・漬物。華南系黒イボキュウリは味が良いが、成育中極端な低温にあったり高温乾燥などのストレスに遭遇すると苦味が出ることがあるので注意。(成り口近くで折り、擦り合わせたり逆さに立てておくと良いと言う)

蒔きどき

3月中旬〜4月(温床)、5月(露地)

採種地

埼玉県

発芽検定月

2020年12月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

初夏から夏。梅雨明けまでに収穫期のピークが来るように育てて下さい。

播種期

温床で3月中旬〜。露地で4月下旬〜5月。昔は6〜8月蒔きの余蒔栽培もしていたという。

発芽適温

25〜30℃

播種法

露地の場合、晩霜がなくなったら一カ所に2、3粒ずつ点播。

覆土

15℃以上の地温を保持し、乾燥しないよう。

生育適温

昼間25〜28℃、夜間13℃、地温の適温20℃

栽培法

本来高温長日期になると節成り性を失う「春キュウリ」なので、摘芯せず早い時期からの収穫を心掛ける。(低温伸長性が良くまた根が頑健で移植に耐えるので、早春まきで苗を育てて移植栽培するほうが良い)。

採種法

完熟果を縦割りし、スプーンで種とわたを取り出す。ボウルで一昼夜発酵させ、軽く泡立つ程度に少量入れた中性洗剤の泡が無くなるまで水洗する。後はほぐしながら天日で一日乾燥。

種子寿命

4年以上。(長命の部類)

休眠

ない(発酵中、雨水が入ると発芽することがある)。

種子保存法

よく乾燥させたら低温低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む