0
¥0

現在カート内に商品はございません。

滋賀の伝統野菜 近江かぶら

おうみかぶら

Ohmi Kabura / アブラナ科 Brassica rapa

新入荷のタネ 国内採種品

江戸時代から栽培されている白かぶ。約400年の歴史があり、諸説あるが聖護院かぶのルーツとも言われる。かつては皇室にも献上された由緒ある農産物。宮崎安貞『農業全書』には「あふミ蕪とて京へ江州よりおほく出るあり。極て味よし」とある。『日本山海名物図絵』の「近江蔓菁」のところには、現在の近江かぶらとやや形を異にする巨大なカブの図が描かれている。

通常価格:
¥385税込
数量:
一袋あたり: 粒数 800粒以上  内容量 5ml
商品コード:1736
特徴

扁平で片張りよく、根径1 十二センチ、高さ7センチ程度になる。肌は滑らかでツヤがあり、肉質は緻密。

用途

甘味があり、古くから千枚漬けに重用されていたほか、煮食にも適する。 最近ではカレーやシチューの具材としても美味。

蒔きどき

8月下旬~9月中旬

採種地

滋賀県

発芽検定月

2021年5月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

初冬の11~12月頃。

播種期

8月下旬~9月中旬

発芽適温

15℃~20℃、最度4〜8℃、上限40℃

播種法

60cm幅の高うねを作り、条間20cm位に筋まき。叉はバラまき。

覆土

タネが隠れ発芽まで乾かない程度に軽く覆土する。

生育適温

15℃〜20℃前後

栽培法

むやみな早まきは避け、適期播種に努める。特に高温期は、ウィルスを媒介するアブラムシ防除に注意する。間引き遅れのないよう、生育を順調に進め、ス入りをを防ぐ。

採種法

形状肉質の良いカブを選び、株間を30cm程度に開げて植え替え、菜の花を開花させ結実後刈り取る。(白菜やナッパ、他のカブ類など他品種の和種アブラナ科野菜との交雑に注意)

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

莢で完熟させ、よく天日乾燥させた後はほとんど無い。

種子保存法

よく乾燥させ、お茶の缶などに入れ冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む