0
¥0

現在カート内に商品はございません。

食味良好な濃黄色の果肉 デリシャス南瓜

Saitama Delicious Squash / ウリ科 Cucurbita maxima duchesne

新入荷のタネ 国内採種品

米国マサチューセッツ州のJ.H.Gregory&Sonsに1903年から記録が残る品種。北海道の開拓と同時に導入されたハッバード系西洋カボチャのうちの一つで、主に北海道・東北地方の産地で栽培された。本種は戦前、埼玉県所沢市一円で栽培されていた系統「埼玉デリシャス」。

通常価格:
¥524税込
数量:
一袋あたり: 粒数 18粒以上  内容量 8ml
商品コード:1756
特徴

果重2〜3kgで、灰緑色〜黒色のハート型の西洋カボチャ。表皮は薄くやや傷み易いが完熟すれば爪が立たない。果肉は濃黄色で粉質、甘味あり風味良好。別名カステラ南瓜。

用途

煮物、天ぷら、スープなど。

蒔きどき

4、5月

採種地

埼玉県

発芽検定月

2021年12月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

8月

播種期

ハウス促成は3月に温床でポットまき。ホットキャップ利用で4月。露地播きは5月から。

発芽適温

25〜30℃

播種法

露地ニ直播きの場合、畝間3m、株間1mに数粒ずつ点播。

覆土

2、3cm。カボチャ種子は嫌光性なので確実に覆土する。

生育適温

20℃前後

栽培法

ポットで苗を育てた場合、本葉3枚で定植。子蔓を4本程度伸ばす。健全に育ったカボチャの根は太くて長く、吸水力や吸肥力が旺盛なので、できれば直播き放任で育てたい。しかし西洋系カボチャは遅蒔きだと雌花の発生がよくないので、地温15℃ぐらいになったらなるべく大きめのホットキャップを利用して播きたい。ホットキャップ被覆はウリハムシ防除にも欠かせない。

採種法

交雑しやすいので蕾のうちに袋かけし、開花時に同種の雄花の花粉を付ける。完熟果を1ケ月追熟し、割って種を取り出し水洗し乾燥する。(カボチャの種は充実した良い種も水に浮く)

種子寿命

低温乾燥環境なら3〜10年。(やや長命な部類)

休眠

採種後2週間程度弱い休眠期があるという。

種子保存法

1、2年なら室内の引出し等でよい。冷蔵庫なら寿命が伸びる。

カートに追加しました。
カートへ進む