0
¥0

現在カート内に商品はございません。

埼玉早生ピーマン

Saitama Early Bell Pepper / ナス科 Capsicum annuum

新入荷のタネ

トウガラシ類は南米原産。天正11年にポルトガル船が日本に伝えたという。ベル型のピーマンは、明治初期に欧米より導入。本種の来歴は不詳。魁ピーマンと似ており、カリフォルニアワンダーの改良種と思われる。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 70粒以上  内容量 1.2ml
商品コード:1795
特徴

半促成から露地まで幅広い栽培に好適。耐病性強く栽培容易。着果が確実で肥大も早く、早期から良果が収穫できる。果は濃緑で肉厚は中位。

用途

肉質柔らかく料理用に最適。肉詰めや炒め物、てんぷら、サラダ等どんな料理にも向く。

蒔きどき

2〜4月(温床)5月(直播)

採種地

中国

発芽検定月

2022年12月

発芽率

75%以上

種子加工

なし

種子消毒

乾熱処理済

Product Details 商品詳細

収穫期

夏から秋。

播種期

温床育苗では1月下旬から。直播きの場合5月以後。

発芽適温

20〜30℃

播種法

光線が当たらず、多少温度変化があったほうが良い。

覆土

タネが隠れ発芽までの2週間湿度がとれる程度。

生育適温

最低10℃以上

栽培法

露地への定植・播種は、地温が18℃以上と、充分温かくなってから行う。土壌病害である青枯病や立枯性疫病には弱いので、同じナス科野菜との連作を避ける。土質はあまり選ばないが重い方が結果が良い。草勢が旺盛なため、急激な発育をするような施肥はしないで長期に亘り順調な生育を続けるようにすることが大切。

採種法

一株あたり5、6個の良果を選び、赤くなった完熟果を収穫後数日追熟し、切開いて種を出す。水洗はしない。褐色や黒いタネがあったら取り除く。

種子寿命

常温で約4年。

休眠

ない。

種子保存法

よく自然乾燥したら低温低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む