0
¥0

現在カート内に商品はございません。

古くから婦人病の主薬として有名 トウキ

とうき 当帰

Yamato Toki / セリ科 Angelica acutiloba

新入荷のタネ 国内採種品

関東、東北の山地に自生する。日本原産と東南アジア原産の説がある。本種はヤマトトウキの系統。

通常価格:
¥524税込
数量:
一袋あたり: 粒数 100粒以上  内容量 1ml
商品コード:1791
  
発送日目安:4〜7日後に発送
特徴

草丈40〜60cmの多年生草本。根は30cm内外の肥厚性の短根。茎は紫色を帯び無毛。葉は濃緑色で強い光沢がある。埴質壌土で地下水が低く排水の良い土地に最も適する。地力中庸かやや痩せ地の状態の場所で昼夜の寒暖差が大きいところが良い。

用途

葉を利用する。独特の香りがあり、カレー、スープ、肉料理、おでんなどに入れると美味。飲料やシロップの香りづけにも最適。 *生産物利用に関するご注意:生薬利用される根部は、医薬品に該当するため、食品としての製造・販売は認められておりません。

蒔きどき

2〜5月

採種地

埼玉県

発芽検定月

2024年1月

発芽率

50%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

夏から秋。

播種期

2〜5月

発芽適温

15〜20℃最適

播種法

苗床かポット・セルトレーに播種する。2〜4週間で発芽。

覆土

タネが隠れる程度に薄く5mm程度。発芽するまでの3週間位、乾かないように注意する。

生育適温

10〜25℃最適

栽培法

夏季やや冷涼な場所を好むので、平地では黒寒冷紗等で遮光する。1年目は苗床で苗を養成し、翌3月下旬~4月上旬頃株間20〜25cmで定植する。4〜6月はこまめに除草する。アブラムシ、キアゲハ等の発生に注意する。病害としてはべと病、菌核病などが発生することがある。

採種法

3年生の株より採種する。1、2年目は抽苔しないように花芽は早めにかきとる。

種子寿命

不詳。

休眠

不詳。種子は吸水後に低温(5℃以下)に2日ほど当てた方が発芽しやすい。

種子保存法

よく乾燥し、お茶の缶などに入れ密封し冷蔵庫の隅に。

カートに追加しました。
カートへ進む