0
¥0

現在カート内に商品はございません。

長くてよく成り味が良い 高農改良四葉胡瓜

こうのうかいりょうすうようきゅうり

Kono Improved Suyo Cucumber / ウリ科 Cucumis sativus

大正中期、中国山東省から日本併合下の朝鮮ソウル近郊に入り、日本人に知られる。大戦末期、熊沢三郎が選抜育種を開始。戦後国内に導入。

通常価格:
¥314税込
特徴

歯切れよくキュウリの中で最もおいしいと言われる。果実は濃緑色で、長さ三〇~四〇・と長い。イボ高く縦ジワが多い独特の外観を持つ。昭和三〇年頃北九州から全国に広まった。

用途

サラダ需要の増加とともに、全国に広まった生食用キュウリ。また、漬物用キュウリとしても巾広く用いられている。

蒔きどき

3月(温床)4、5月(直播)

採種地

中国

発芽検定月

2020年10月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

夏から秋。

播種期

霜の心配が無くなった4月下旬から5月。

発芽適温

25〜30℃

播種法

2、3粒ずつ点播。

覆土

発芽まで水分を保ち、15℃以上の地温を保保持できるよう。

生育適温

昼間25〜28℃、夜間13℃、地温の適温20℃

栽培法

「四葉」という名は、早生で、本葉4枚目の頃から雌花を付けるところから付けられたという。華北系品種で、低温下での生育はよくないが、高温期の生育は旺盛で、ツル太く、草勢強く、側枝も多く、豊産である。節成り性は強くないので、株間を空け、キュウリネット等を張って、子蔓を広げて栽培すると良い。

採種法

黄色く大きくなった完熟果を縦割りし、スプーンで種とワタを取り出す。ボウルで一昼夜発酵させ、極少量入れた洗剤が泡立たなくなるまで水洗し、新聞紙に平らに広げて天日に一日干す

種子寿命

常温で4年以上。(長命種子の部類)

休眠

ない。(発酵中に雨水が入ると発芽することがある)

種子保存法

充分乾燥させたら、低温、低湿度の場所に保管する。

カートに追加しました。
カートへ進む